お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 13:55
ヒト静止立位における姿勢制御に関する研究
條野雄介高田宗樹福井大MBE2016-62
抄録 (和) ヒトの日常生活の多くは立位姿勢をとるため、小脳性の運動失調などで立位姿勢制御が困難になると、大きな支障をきたす。ヒト静止立位姿勢の解明のために多くの仮説が考えられているものの、そのメカニズムの詳細は未だに不明である。そこで有力な仮説としてスティフネス制御仮説が知られている。本研究では、重心動揺計と筋電計を用いた同時計測を行うことで、スティフネス制御仮説を検証するとともに、静止立位姿勢における筋活動の特徴を調べる。重心動揺検査の開・閉眼時において、左右の腓腹筋、ヒラメ筋、前脛骨筋を対象に筋電図を同時に記録した。静止立位制御における筋活動と重心動揺の関係性について考察するとともに、立位制御に関する数理モデルを議論する。 
(英) Humans spend most of their everyday life in standing position. If it were difficult to maintain an upright posture, we would be significantly affected by cerebellar ataxia, etc. Although many hypotheses are proposed for elucidation of a control system to maintain an upright posture, a detailed mechanism is still unclear. Stiffness control hypothesis a mechanism to maintain an upright posture. In this study, we investigate the characteristics of muscle activity in the upright posture to verify the stiffness control hypothesis by employing stabilometry and simultaneous measurement of electromyograph (EMG). For each experiment test, with subjects’ eyes open/closed during stabilometry, EMGs were recorded for the gastrocnemius muscle, soleus muscle, and tibialis anterior muscles, simultaneously. We discuss a relationship between the center of gravity and muscle activity to control the upright posture. Mathematical models to control the standing position are also discussed in this study.
キーワード (和) 重心動揺 / 筋電位 / スティフネス制御仮説 / 間欠的制御 / 非線形モデル / / /  
(英) Body sway / Myopotential / Stiffness control hypothesis / intermittent control / nonlinear model. / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 342, MBE2016-62, pp. 31-34, 2016年12月.
資料番号 MBE2016-62 
発行日 2016-11-30 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2016-62

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-07 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 
開催地(英) Toyohashi University of Technology 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2016-12-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒト静止立位における姿勢制御に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of the System to Control Static Upright Posture of Humans 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 重心動揺 / Body sway  
キーワード(2)(和/英) 筋電位 / Myopotential  
キーワード(3)(和/英) スティフネス制御仮説 / Stiffness control hypothesis  
キーワード(4)(和/英) 間欠的制御 / intermittent control  
キーワード(5)(和/英) 非線形モデル / nonlinear model.  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 條野 雄介 / Jono Yusuke / ジョウノ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
Fukui University (略称: Fukui Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 宗樹 / Takada Hiroki /
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
Fukui University (略称: Fukui Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-07 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2016-62 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2016-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会