お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 20:05
視聴モデルに基づく多視点映像の視聴支援のための視聴者分類
汪 雪テイ原 健翔榎堀 優平山高嗣間瀬健二名大
抄録 (和) 複数の視点から撮影されることで高い臨場感と自由度での視聴を楽しめる多視点映像は,
スポーツ放送や監視システムなど幅広い応用を期待されている.
しかし,カメラ台数の増加と共に,多くの視点から自分の視聴嗜好に合った視聴視点を長時間に渡って選択するのは困難になる.
そこで,視聴視点の自動推薦により多視点映像視聴を支援することが必要である.
従来の自動視点推薦の研究では,視聴者の視点選択履歴を学習することで視点を推薦していたが,
視聴者本人の視点選択履歴を事前に大量に収集するのは難しい.
そこで,似ている視聴嗜好を持つ他人の履歴を利用するアプローチを導入する.

既存視聴者の視点選択履歴に基づいて構築した視聴モデルを用いて視聴者を分類し,
新規視聴者と共通の視聴嗜好を持つグループの視聴モデルに基づいて視点を推薦することを考える.
本研究では,視聴モデルに基づく視聴者のグループ分類手法を提案した.
そして,視聴者間の視点選択履歴の類似度と比較することで視聴者分類の結果を評価した. 
(英) Multi-camera videos taken by plural cameras can provide abundant information
and high flexibility in enhancing viewing experience.
A wide range of applications are expected such as sports broadcasting, surveillance system and so on.
However, it becomes difficult to choose the most suitable and favor viewpoint
for a long time when the number of selectable viewpoints increases.
Therefore, it is necessary to provide personal viewing support by automatically
recommending suitable viewpoint sequence.
Some automatic viewpoints recommending methods have been developed by learning
users' viewing records.
Since it is difficult to acquire enough personal viewing records, we consider it
effective to recommend viewpoints based on viewing records of other users with
similar viewing preference.
Thus, we proposed a user grouping method based on viewing models constructed
from existing users’ viewing records to recommend viewpoints even to a new user
by a representative model of the group with similar preference.
We evaluated the grouping result by comparing with the similarity of
viewing records between each two users.
キーワード (和) 多視点映像 / 視点推薦 / 視聴者分類 / 視聴嗜好 / サッカー試合 / / /  
(英) Multi-view video / viewpoint recommendation / user preference / user grouping / soccer game / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-09 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi City Culture Plaza (CUL-PORT) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2016 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2016-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視聴モデルに基づく多視点映像の視聴支援のための視聴者分類 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Viewing Model based User Grouping for Viewing Support of Mutli-view Videos 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多視点映像 / Multi-view video  
キーワード(2)(和/英) 視点推薦 / viewpoint recommendation  
キーワード(3)(和/英) 視聴者分類 / user preference  
キーワード(4)(和/英) 視聴嗜好 / user grouping  
キーワード(5)(和/英) サッカー試合 / soccer game  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 汪 雪テイ / Xueting Wang / オウ セッテイ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 健翔 / Kensho Hara / ハラ ケンショウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎堀 優 / Yu Enokibori / エノキボリ ユウ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 高嗣 / Takatsugu Hirayama / ヒラヤマ タカツグ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 間瀬 健二 / Kenji Mase / マセ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-07 20:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会