電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 23:00
演奏者の重心移動を用いた演奏連携度と演奏に対する評価
藤原 健阪経済大)・伊藤雄一續 毅海阪大)・高嶋和毅東北大)・尾上孝雄阪大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究は,演奏者の重心・重量を用いて演奏者間の演奏連携度を評価することを目的とする.具体的には,我々がこれまで検討を進めてきた椅子型デバイスSenseChairを用いて,合奏場面における演奏者の重心移動や重量変化を取得することで身体全体の動きを検出し,演奏者間の演奏連携度を算出する.そして,コンサートで得られたプロの演奏者による演奏について演奏連携度を算出した上で一般の聴取者を対象として演奏に対する評定を求めた.その結果,演奏連携度が高い演奏は上手な演奏および丁寧な演奏だと評価されていることを確認した. 
(英) SenseChair, an office-chair-shaped body motion sensor, enables to detect body sway of a sitting user by its embedded four pressure sensors. We have studied the possible utility of a novel method to assess the “ensembility” among multiple sitting players on multiple SenseChairs. In this study, we examined the relationship between the ensembility of three players and evaluation for their music performance. Results showed that performance high in ensembility received a higher evaluation. The possible necessity of further study was discussed.
キーワード (和) 同調傾向 / 合奏 / SenseChair / 重量センシング / / / /  
(英) Synchrony / Ensemble / SenseChair / Weight Sensing / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-09 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi City Culture Plaza (CUL-PORT) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2016 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2016-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 演奏者の重心移動を用いた演奏連携度と演奏に対する評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ensembility among Players Using Their Body Sway and Evaluation of Their Musical Performance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同調傾向 / Synchrony  
キーワード(2)(和/英) 合奏 / Ensemble  
キーワード(3)(和/英) SenseChair / SenseChair  
キーワード(4)(和/英) 重量センシング / Weight Sensing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 健 / Ken Fujiwara / フジワラ ケン
第1著者 所属(和/英) 大阪経済大学 (略称: 阪経済大)
Osaka Univeristy of Economics (略称: OUE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 雄一 / Yuichi Itoh / イトウ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 續 毅海 / Takemi Tsuzuki / ツヅキ タケミ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高嶋 和毅 / Kazuki Takashima / タカシマ カズキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 孝雄 / Takao Onoye / オノエ タカオ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-07 23:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会