電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 14:20
好奇心と興味を考慮した行動選択・学習モデル
藤本一聖西井 淳山口大
抄録 (和) 本研究では,自発的情報獲得の動機となる好奇心と興味による行動選択-学習モデルの提案を行う.好奇心は新奇な対象に対し喚起され,特定の対象に関する情報収集行動を引き起こす.対象の新奇性は,記憶に形成されているどの概念に対象が属すると判断できるか,その確信度に基づき判定する.興味は既知対象から得られる情報の予測精度により喚起され,特定の情報収集行動引き起こす.好奇心と興味により行動選択を行う強化学習エージェントを用いてシミュレーション実験を行った.エージェントには予め学習した対象と未知の対象を提示し,いずれかの対象を選択させた.好奇心を考慮した場合では,未知の対象が提示されるとすぐさま情報収集を行う行動が観察された.また,反応パターンが複雑な対象に対しては興味が喚起されやすく,長期的に選択されやすいことが確認された. 
(英) In this research, we propose a learning model of behavior selection based on curiosity and interest. Curiosity is aroused by the novelty of objects, causing exploratory actions on specific objects. The degree of novelty of an object is judged by the certainty that the object belongs to a class which has been formed in memory. The interest is aroused by the improvement of prediction accuracy of the behavior of object, causing specific exploratory actions on the objects. The results of simulation experiments showed that agents tended to select novel objects by curiosity, and interest was aroused by the objects that showed complex behavior.
キーワード (和) 好奇心 / 興味 / 動機付け / 行動選択 / 学習 / / /  
(英) curiosity / interest / motivation / behavior-selection / learning model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 343, NC2016-42, pp. 13-18, 2016年12月.
資料番号 NC2016-42 
発行日 2016-11-30 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-07 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 
開催地(英) Toyohashi University of Technology 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2016-12-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 好奇心と興味を考慮した行動選択・学習モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A learning model of behavior selection based on curiosity and interest 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 好奇心 / curiosity  
キーワード(2)(和/英) 興味 / interest  
キーワード(3)(和/英) 動機付け / motivation  
キーワード(4)(和/英) 行動選択 / behavior-selection  
キーワード(5)(和/英) 学習 / learning model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 一聖 / Issei Fujimoto / フジモト イッセイ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西井 淳 / Jun Nishii / ニシイ ジュン
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-07 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2016-42 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2016-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会