電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 16:20
自己のコミュニケーションの幽体離脱的客観視は道徳判断を変容させるか?
高橋英之内田貴久阪大)・伴 碧同志社大)・吉川雄一郎石黒 浩阪大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) われわれの行動決定の判断に用いる価値には,自分の主観由来の一人称的価値と,身体から切り離された客観的な三人称的価値の二つがあると考えられる.今回の実験では,ヘッドマウントディスプレイでつくりだす実際の視点の違い(一人称・三人称)が我々の道徳の価値判断に影響を与えるかを検討した.その結果,三人称的視点変換を行うことを,身近な人物に対して同情徳的な価値判断を被験者が行う傾向があることが示唆された. 
(英) We suppose that there are two value representations for our decision process, one is the value based on embodied first-person perspective and the other is that based on socialized third-person perspective. In this study, we investigated how our ethical judgement is altered when we are viewing own body from the panoramic perspective via A head mounted display. Our results implied that the panoramic viewing of own body enhanced our sympathetic attitudes to people whose physical or mental distances are close to us.
キーワード (和) ヘッドマウントディスプレイ / 三人称的視点変換 / 道徳判断 / / / / /  
(英) Head mounted display / Panoramic Viewing of Own Social Interaction / Ethical Judgement / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-09 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi City Culture Plaza (CUL-PORT) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2016 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2016-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自己のコミュニケーションの幽体離脱的客観視は道徳判断を変容させるか? 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Does the panoramic viewing of own social interaction alter our ethical judgment? 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘッドマウントディスプレイ / Head mounted display  
キーワード(2)(和/英) 三人称的視点変換 / Panoramic Viewing of Own Social Interaction  
キーワード(3)(和/英) 道徳判断 / Ethical Judgement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 英之 / Hideyuki Takahashi / タカハシ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 貴久 / Takahisa Uchida / ウチダ タカヒサ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伴 碧 / Midori Ban / バン ミドリ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 雄一郎 / Yuichiro Yoshikawa / ヨシカワ ユウイチロウ「
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石黒 浩 / Hiroshi Ishiguro / イシグロ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-07 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会