電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 14:45
BCI-VRシステムの運動主体感の分析
金田青瑚西垣拓也田中久弥工学院大
抄録 (和) 本研究ではVR(Virtual Reality)空間におけるBCI (Brain-computer Interface)操作の精度を向上させるために,BCI操作における運動主体感を分析した.分析を行うにあたり,BCI操作訓練を3ヶ月間行った.訓練には運動想起時の脳波を事前学習し,オンライン計測時の脳波との類似度を求めることでVR空間上の架空の腕を動かすBCI-VRを用いた.運動主体感の程度をアンケートで調査し,訓練による操作成功率の推移との関係性を検討した.その結果,適切な類似度の閾値を設定することでBCI訓練の効果が向上することが示唆された. 
(英) In order to improve the accuracy of the BCI (Brain-computer Interface) operation in the VR (Virtual Reality) space, we analyzed sense of agency during BCI operation. For the analysis, BCI operation training was conducted for 3 months. In this training, BCI-VR was used. BCI-VR is an interface that learns EEG (Electroencephalogram) when you recall your movement and moves arms in the VR space by obtaining the similarity between the EEG when you recall your movement and the EEG during online measurement. The degree of sense of agency was investigated by questionnaire and compared with the operation success rate. As a result, it was suggested that setting the threshold of similarity appropriately improves the effect of BCI training.
キーワード (和) 脳波インタフェース / 人工現実感 / 運動想起 / 運動主体感 / フィードバック / 訓練効果 / /  
(英) Brain-computer Interface / Virtual Reality / Motor Imagery / Sense of Agency / Feedback / Training Effect / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 342, MBE2016-64, pp. 41-46, 2016年12月.
資料番号 MBE2016-64 
発行日 2016-11-30 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-07 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 
開催地(英) Toyohashi University of Technology 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2016-12-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BCI-VRシステムの運動主体感の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Sense of Agency on BCI-VR System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波インタフェース / Brain-computer Interface  
キーワード(2)(和/英) 人工現実感 / Virtual Reality  
キーワード(3)(和/英) 運動想起 / Motor Imagery  
キーワード(4)(和/英) 運動主体感 / Sense of Agency  
キーワード(5)(和/英) フィードバック / Feedback  
キーワード(6)(和/英) 訓練効果 / Training Effect  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 青瑚 / Shogo Kaneta / カネタ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西垣 拓也 / Takuya Nishigaki / ニシガキ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 久弥 / Hisaya Tanaka / タナカ ヒサヤ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-07 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2016-64 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2016-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会