電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-02 11:35
車車間通信測距のためのイメージセンサを用いたレーザー光通信測距方式の提案
平塚大輔小林 匠河野隆二横浜国大WBS2016-72 ITS2016-39 RCC2016-61
抄録 (和) 近年,通信測距システムが研究されており,従来別々に行っていた通信と測距を同時に行うことを可能にしている.また,LED を利用した可視光通信においてイメージセンサを受信機とする方式が提案されている.
本稿では,その2つの研究を基に受信機としてイメージセンサを用いるレーザー光を利用した通信測距方式を提案した.通信測距において通信性能と測距性能はトレードオフの関係にある.それを解決するために本稿ではイメージセンサで撮像した情報のうちのブレーキランプの点灯に着目し,ブレーキランプ点灯時には無点灯時に比べて測距の頻度を多くして測距と通信の性能を向上させることを目的として評価を行った.その結果,提案方式では認識の誤りがない場合はブレーキランプ点灯時の最大誤差を抑え,また全体の平均スループットの低下を抑えることが出来た. 
(英) Recently, there are some researches about communication and ranging simultaneously. Also there is the research about visible light communication by using image sensor as a receiver. In this research, we propose simultaneous communication and ranging using laser with image sensor as a receiver. Communication performance and ranging performance is the trade-off relationship. To solve the problem, the main part of this article is that we focus on the brake lamp from the image acquired by image sensor, and evaluate the way of changing the frequency of ranging whether brake lamp turns on or off for improving the performance of communication and ranging.
In the result, the proposal method can make the maximum error of ranging small and also keep the average throughput in the case of no missing of brake lamp.
キーワード (和) ITS / 車々間通信 / 光無線通信 / / / / /  
(英) ITS / IVC / Optical Wireless Communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 338, ITS2016-39, pp. 143-148, 2016年12月.
資料番号 ITS2016-39 
発行日 2016-11-24 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-72 ITS2016-39 RCC2016-61

研究会情報
研究会 WBS RCC ITS  
開催期間 2016-12-01 - 2016-12-02 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2016-12-WBS-RCC-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車車間通信測距のためのイメージセンサを用いたレーザー光通信測距方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Laser Communication and Ranging Method using Image Sensor for Inter-Vehicle Communication and Ranging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車々間通信 / IVC  
キーワード(3)(和/英) 光無線通信 / Optical Wireless Communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平塚 大輔 / Daisuke Hiratsuka / ヒラツカ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 匠 / Takumi Kobayashi /
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆二 / Ryuji Kohno /
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-02 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2016-72,IEICE-ITS2016-39,IEICE-RCC2016-61 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.337(WBS), no.338(ITS), no.339(RCC) 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2016-11-24,IEICE-ITS-2016-11-24,IEICE-RCC-2016-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会