電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-01 15:30
[ポスター講演]予測値に基づくTDMを用いた優先制御
枩本賢太石井光治香川大WBS2016-60 ITS2016-27 RCC2016-49
抄録 (和) 本稿では,多重接続方式を用いて単一のコントローラが複数の機器を同時に制御する環境下における無線制御方式を検討し,時分割多重方式を用いた無線制御方法に関して議論する.時分割制御方式では,各制御対象機器への制御情報入力にタイムスロットを割り当てることで,各制御対象機器における制御情報入力の待機時間が長くなる欠点がある.そこで我々は,時分割制御方式において割り当てるタイムスロットに加えて,任意の対象機器の制御情報入力に割り当てることができる優先タイムスロットを設け,そのタイムスロットを制御品質の悪い機器の制御に用いる方式を提案した.しかし先行研究では,優先タイムスロットへの機器の割り当て方法に関して十分な議論がなされていなかった.そこで本稿では,優先タイムスロットの選択方法について検討し,制御システム全体の高信頼化を図る.制御対象に回転型倒立振子を用いた計算機シミュレーションより,提案する優先制御について従来の選択方法と比較し検討した. 
(英) This study focuses on the scenario where a single controller simultaneously controls multiple plants based on time-division multiplexing(TDM). In TDM based wireless control, the system divides time resource into several time-slots and allocates them to individual plants. Since each user shares the common time resource, the time interval from the current to next assigned time-slots becomes longer as the number of user increase, which results in the degradation of control quality.
However, we have not done enough discussion about how to effectively select the plant. This work would like to discuss about it and propose to use the predicted control-state at the final time-slot for control. Computer simulation shows that the conventional selecting criterion and the proposed criterion have similar control quality.
Priority slot which can be assigned some plant with bad control-quality.
However, we have not done enough discussion about how to effectively select the plant. This work would like to discuss about it and propose to use the predicted control-state at the final time-slot for control. Computer simulation shows that the conventional selecting criterion and the proposed criterion have similar control quality.
キーワード (和) 無線制御 / 時分割制御 / フィードバックシステム / 優先制御 / / / /  
(英) Wireless communication / Feedback system / TDM based control / Priority control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 339, RCC2016-49, pp. 71-75, 2016年12月.
資料番号 RCC2016-49 
発行日 2016-11-24 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-60 ITS2016-27 RCC2016-49

研究会情報
研究会 WBS RCC ITS  
開催期間 2016-12-01 - 2016-12-02 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2016-12-WBS-RCC-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 予測値に基づくTDMを用いた優先制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Priority Control Based on Predicted Control State for Time-Division Multiplexing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線制御 / Wireless communication  
キーワード(2)(和/英) 時分割制御 / Feedback system  
キーワード(3)(和/英) フィードバックシステム / TDM based control  
キーワード(4)(和/英) 優先制御 / Priority control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 枩本 賢太 / Kenta Matsumoto / マツモト ケンタ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 光治 / Koji Ishii /
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-01 15:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-WBS2016-60,IEICE-ITS2016-27,IEICE-RCC2016-49 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.337(WBS), no.338(ITS), no.339(RCC) 
ページ範囲 pp.71-75 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2016-11-24,IEICE-ITS-2016-11-24,IEICE-RCC-2016-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会