電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-01 13:00
Slotted-Alohaに基づく合意形成のための呼生起確率制御の一検討
大西健太石井光治香川大WBS2016-54 ITS2016-21 RCC2016-43
抄録 (和) マルチエージェントシステムの合意形成問題を無線通信を用いて実現する場合,無線通信制約を考慮する必要がある.考慮すべき無線通信制約は,通信エラーや通信範囲制約,通信容量,無線通信干渉問題など様々である.本稿では,無線通信干渉問題に着目し,無線通信環境下で合意形成を行う制御対象(エージェント)が自律分散型無線アクセス方式の1つであるSlotted-Aloha方式により通信を行った場合の特性を解析し,さらに通信状況,制御状態に応じて呼生起確率を制御することで制御の高品質化,高速化を図る手法を提案する.具体的な手法として,受信状況から近傍エージェント数を推定し,その結果に基づいて呼生起確率を制御する手法を提案する.さらに,制御で得られた情報と通信状況を考慮した制御方法を提案する.計算機シミュレーションにより,提案方式が合意形成成功確率を高く,かつ高速な制御を可能にすることを示す. 
(英) To realize a consensus problem based on wireless communication, it is necessary to consider several constraints caused by wireless communications such as communication error, coverage, capacity, multi-user interference, and so on.
This work focuses on a multi-user interference in a consensus problem and proposes a new Slotted-Aloha system that changes the occurrence probability corresponding to the states of communication and control.
We first propose to control the occurrence probability based on the number of neighbor agents that can be estimated from the previous state of communication. Furthermore, we propose to control the occurrence probability based on the state of control as well as the state of communication. Computer simulations show that the proposed Slotted-Aloha can achieve better quality of control and faster convergence compared to the case with constant occurrence probability.
キーワード (和) 自律分散型無線アクセス方式 / Slotted-Aloha方式 / 合意形成問題 / / / / /  
(英) Autonomous distributed wireless access / Slotted-Aloha / consensus problem / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 339, RCC2016-43, pp. 37-42, 2016年12月.
資料番号 RCC2016-43 
発行日 2016-11-24 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-54 ITS2016-21 RCC2016-43

研究会情報
研究会 WBS RCC ITS  
開催期間 2016-12-01 - 2016-12-02 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2016-12-WBS-RCC-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Slotted-Alohaに基づく合意形成のための呼生起確率制御の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Call occurrence probability Control for Consensus Problem based on Slotted-Aloha 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自律分散型無線アクセス方式 / Autonomous distributed wireless access  
キーワード(2)(和/英) Slotted-Aloha方式 / Slotted-Aloha  
キーワード(3)(和/英) 合意形成問題 / consensus problem  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 健太 / Kenta Onishi / オオニシ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 光治 / Koji Ishii / イシイ コウジ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-01 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-WBS2016-54,IEICE-ITS2016-21,IEICE-RCC2016-43 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.337(WBS), no.338(ITS), no.339(RCC) 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2016-11-24,IEICE-ITS-2016-11-24,IEICE-RCC-2016-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会