電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-01 13:00
[ポスター講演]アダマール符号を路上割り当てに用いたDS/SS-IVCの特性評価
小林和樹草刈嶺希中村 聡東京理科大)・大野光平明大)・伊丹 誠東京理科大WBS2016-50 ITS2016-17 RCC2016-39
抄録 (和) 本論文では,路上に拡散符号を割り当てたDS/SS-IVC (Direct Sequence/Spreads Spectrum- Inter Vehicle Communication)について議論する.先行研究としてGold符号を拡散符号に用いたDS/SS-IVCの研究が行われている.本論文では,通信特性の向上を目的として,拡散符号にHadamard符号を用いることを提案した.高速道路上でのIVCを想定し,パケット誤り率の評価を行った.提案方式によって従来法を用いた通信特性よりも特性が向上することを示した.またGPSによる車両位置推定誤差が生じた場合の評価も行った. 
(英) This paper discusses a DS/SS-IVC (Direct Sequence/Spreads Spectrum-Inter Vehicle Communication) scheme based on location oriented allocation scheme using spreading code. In the previous study, DS/SS-IVC scheme using Gold code of spreading codes has been evaluated. In this paper, the scheme to improve its performance using Hadamard code as a spreading code is proposed. The packet error rate is evaluated to compare the performance of IVC system in the expressway. As the result, proposed scheme can improve communication performance. In this paper, the influence of GPS positioning error is also evaluated.
キーワード (和) DS/SS / 車車間通信 / 拡散符号の路上割り当て / / / / /  
(英) DS/SS / Inter Vehicle Communication / Location Oriented Spreading Code Allocation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 338, ITS2016-17, pp. 13-18, 2016年12月.
資料番号 ITS2016-17 
発行日 2016-11-24 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-50 ITS2016-17 RCC2016-39

研究会情報
研究会 WBS RCC ITS  
開催期間 2016-12-01 - 2016-12-02 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2016-12-WBS-RCC-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アダマール符号を路上割り当てに用いたDS/SS-IVCの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of DS/SS-IVC Scheme based on Location Oriented Allocation Scheme Using Hadamard Code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DS/SS / DS/SS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Inter Vehicle Communication  
キーワード(3)(和/英) 拡散符号の路上割り当て / Location Oriented Spreading Code Allocation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 和樹 / Kazuki Kobayashi / コバヤ シカズキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 草刈 嶺希 / Reiki Kusakari / クサカリ レイキ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聡 / Akira Nakamura / ナカムラ アキラ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 光平 / Kohei Ohno / オオノ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 誠 / Makoto Itami / イタミ マコト
第5著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-01 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2016-50,IEICE-ITS2016-17,IEICE-RCC2016-39 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.337(WBS), no.338(ITS), no.339(RCC) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2016-11-24,IEICE-ITS-2016-11-24,IEICE-RCC-2016-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会