電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-01 13:00
[ポスター講演]H-infinity制御系とLQ制御系にバースト的なパケットロスが与える影響
小倉貴志小林健太郎岡田 啓片山正昭名大WBS2016-53 ITS2016-20 RCC2016-42
抄録 (和) 無線制御では,無線通信路の伝送誤り(パケットロス) によって制御品質が劣化するという問題がある.
産業機器への応用にはこの制御品質の劣化をいかに抑えるかが課題となってくる.この課題に対して,H-infinity制御や
LQ(Linear Quadratic) 制御などに基づくパケットロスを考慮した制御設計が提案されているが、どの制御設計がパ
ケットロスに強い高信頼な無線制御システムを構築可能であるのかは明らかになっていない。そのため,本稿では,
バースト的なパケットロスに対してどの制御設計が有効であるのかを明らかとする.ランダム的またはバースト的な
パケットロスを考慮したH-infinity制御,それらを考慮したLQ 制御のそれぞれに対して,バースト的なパケットロスが与
える影響を比較評価する.この評価から,バースト的なパケットロスに対しても,パケットロスの影響を外乱として
取り入れられるH-infinity制御がより高い制御性能を得られることを示す. 
(英) Packet loss in wireless communication channels is one of the major weakness in wireless control systems.
Although many previous researches have proposed control designs such as H-infinity control and LQ (Linear Quadratic)
control to overcome this weakness, it has not been clear which control system can obtain higher reliability. To clear
this, this paper evaluates control performances of H-infinity control and LQ control in burst packet loss. We compare the
inuence of burst packet loss in four control designs including H-infinity control designs considering random and burst
packet loss and LQ control designs considering random and burst packet loss. The comparison shows that the
performance of H-infinity control is better than LQ control for burst packet loss.
キーワード (和) 無線フィードバック制御 / ロバスト制御 / H-infinity制御 / 最適制御 / LQ制御 / バースト的なパケットロス / /  
(英) wireless feedback control / robust control / H-infinity control / optimal control / LQ control / burst packet loss / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 339, RCC2016-42, pp. 31-36, 2016年12月.
資料番号 RCC2016-42 
発行日 2016-11-24 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-53 ITS2016-20 RCC2016-42

研究会情報
研究会 WBS RCC ITS  
開催期間 2016-12-01 - 2016-12-02 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2016-12-WBS-RCC-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) H-infinity制御系とLQ制御系にバースト的なパケットロスが与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influence of burst packet loss on H-infinity control system and LQ control system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線フィードバック制御 / wireless feedback control  
キーワード(2)(和/英) ロバスト制御 / robust control  
キーワード(3)(和/英) H-infinity制御 / H-infinity control  
キーワード(4)(和/英) 最適制御 / optimal control  
キーワード(5)(和/英) LQ制御 / LQ control  
キーワード(6)(和/英) バースト的なパケットロス / burst packet loss  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小倉 貴志 / Takashi Ogura / オグラ タカシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-01 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-WBS2016-53,IEICE-ITS2016-20,IEICE-RCC2016-42 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.337(WBS), no.338(ITS), no.339(RCC) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2016-11-24,IEICE-ITS-2016-11-24,IEICE-RCC-2016-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会