電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-01 15:30
センサ・アクチュエータネットワークの制御入力と経路の同時最適化
佐藤 大・○小林孝一山下 裕北大WBS2016-63 ITS2016-30 RCC2016-52
抄録 (和) 無線センサ・アクチュエータネットワーク(WSAN)はネットワーク化制御系の一種である.WSANでは,センサとアクチュエータが分散的に配置されており,通信ネットワークを介して制御器と通信している.本論文では,無線センサ・アクチュエータネットワーク(WSAN)に対する制御入力と経路の同時最適化手法を提案する. 
(英) A wireless sensor and actuator network (WSAN) is a class of networked control systems. In WSANs, sensors and actuators are located in a distributed way, and communicate to controllers through a wireless communication network such as a multi-hop network. In this paper, for a WSAN, we propose a simultaneous optimization method of the control input and the communication path.
キーワード (和) 無線センサ・アクチュエータネットワーク / モデル予測制御 / 線形スイッチドシステム / / / / /  
(英) wireless sensor and actuator networks / model predictive control / switched linear systems / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 339, RCC2016-52, pp. 89-93, 2016年12月.
資料番号 RCC2016-52 
発行日 2016-11-24 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-63 ITS2016-30 RCC2016-52

研究会情報
研究会 WBS RCC ITS  
開催期間 2016-12-01 - 2016-12-02 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2016-12-WBS-RCC-ITS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) センサ・アクチュエータネットワークの制御入力と経路の同時最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simultaneous Optimization of Control and Routing for Sensor and Actuator Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサ・アクチュエータネットワーク / wireless sensor and actuator networks  
キーワード(2)(和/英) モデル予測制御 / model predictive control  
キーワード(3)(和/英) 線形スイッチドシステム / switched linear systems  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 大 / Dai Satoh / サトウ ダイ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 孝一 / Koichi Kobayashi / コバヤシ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 裕 / Yuh Yamashita / ヤマシタ ユウ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-01 15:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-WBS2016-63,IEICE-ITS2016-30,IEICE-RCC2016-52 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.337(WBS), no.338(ITS), no.339(RCC) 
ページ範囲 pp.89-93 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2016-11-24,IEICE-ITS-2016-11-24,IEICE-RCC-2016-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会