電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-01 15:30
[ポスター講演]電力線通信を用いた複数機器遠隔制御におけるチャネルの周期性に基づく制御情報切替手法
澤田 駿小林健太郎岡田 啓片山正昭名大WBS2016-62 ITS2016-29 RCC2016-51
抄録 (和) 電力線通信を用いた時分割多元接続(TDMA)による複数機器フィードバック制御を考える.電力線通信ではチャネル特性が電源電圧に同期して変動するため,高品質制御にはその周期性を考慮したシステムの設計が重要である.本稿では,チャネル特性の周期性を用いることで,将来のパケット伝送成功確率を予測し,それに基づいて制御器から制御対象へ送信する情報の種類を切り替えることで制御品質の総合的な向上を図る手法を提案する.シミュレーションにより,通常の制御情報伝送を行った場合と比べ提案手法を用いた場合ではシステムの安定性・追従性が向上することを示す. 
(英) This study discusses a time-division-multiple-access (TDMA)-based multiple machine control system using power line communication (PLC). Noise in PLC channels has cyclostationary features that are synchronous to the mains voltage. Therefore it is important to design the system based on channel periodicity. This paper proposes a system with selective transmission of control information using channel periodicity to improve the stability and accuracy of the system. The results of performance evaluation shows that
the proposed method can improve the stability and accuracy of the system.
キーワード (和) 電力線通信 / フィードバック制御 / 複数機器制御 / M2M / 周期定常雑音 / 回転型倒立振子 / IoT /  
(英) Power Line Communication / Feedback Control / Multiple Machine Control / M2M / Cyclostationary noise / Rotary Inverted Pendulum / IoT /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 339, RCC2016-51, pp. 83-88, 2016年12月.
資料番号 RCC2016-51 
発行日 2016-11-24 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-62 ITS2016-29 RCC2016-51

研究会情報
研究会 WBS RCC ITS  
開催期間 2016-12-01 - 2016-12-02 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2016-12-WBS-RCC-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力線通信を用いた複数機器遠隔制御におけるチャネルの周期性に基づく制御情報切替手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A PLC-based multiple machine control system with selective transmission of control information based on channel periodicity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力線通信 / Power Line Communication  
キーワード(2)(和/英) フィードバック制御 / Feedback Control  
キーワード(3)(和/英) 複数機器制御 / Multiple Machine Control  
キーワード(4)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(5)(和/英) 周期定常雑音 / Cyclostationary noise  
キーワード(6)(和/英) 回転型倒立振子 / Rotary Inverted Pendulum  
キーワード(7)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 駿 / Shun Sawada / サワダ シュン
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-01 15:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-WBS2016-62,IEICE-ITS2016-29,IEICE-RCC2016-51 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.337(WBS), no.338(ITS), no.339(RCC) 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2016-11-24,IEICE-ITS-2016-11-24,IEICE-RCC-2016-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会