お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-30 11:45
A Golden-IC Free Clock Tree Driven Authentication Approach for Hardware Trojan Detection
Fakir Sharif HossainTomokazu YonedaMichiko InoueNAIST)・Alex OrailogluUCSDVLD2016-67 DC2016-61
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Due to outsourcing of numerous stages of the IC manufacturing process in different foundries, security risks such as hardware Trojans become a potential threat. In this work, we propose an EPA (Equal-Power self-Authentication) technique, which magnifies detection sensitivity and does not rely on a golden IC. To magnify detection sensitivity against process variations and realize self-authentication, two small segments in the same circuit are activated and their powers are compared. We also propose a clock tree based clock gating for segmentation that can be accomplished by ECO with a minimum layout impact. We evaluate our approach on ISCAS89 and ITC benchmark and AES circuits for both combinational and sequential type Trojans. Experimental results show that our approach can effectively detect Trojan with ratios to circuit area as low as 0.023%.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Hardware Trojan / Golden IC free / Side-channel / Clock Tree based Partition / variation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 331, DC2016-61, pp. 135-140, 2016年11月.
資料番号 DC2016-61 
発行日 2016-11-21 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2016-67 DC2016-61

研究会情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF CPM ICD IE  
開催期間 2016-11-28 - 2016-11-30 
開催地(和) 立命館大学大阪いばらきキャンパス 
開催地(英) Ritsumeikan University, Osaka Ibaraki Campus 
テーマ(和) デザインガイア2016 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2016 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2016-11-VLD-DC-CPSY-RECONF-CPM-ICD-IE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Golden-IC Free Clock Tree Driven Authentication Approach for Hardware Trojan Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Hardware Trojan  
キーワード(2)(和/英) / Golden IC free  
キーワード(3)(和/英) / Side-channel  
キーワード(4)(和/英) / Clock Tree based Partition  
キーワード(5)(和/英) / variation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Fakir Sharif Hossain / Fakir Sharif Hossain / Fakir Sharif Hossain
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 友和 / Tomokazu Yoneda / ヨネダ トモカズ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 美智子 / Michiko Inoue / イノウエ ミチコ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Alex Orailoglu / Alex Orailoglu / Alex Orailoglu
第4著者 所属(和/英) University of California, San Diego (略称: カリフォルニア大サンディエゴ校)
University of California, San Diego (略称: UCSD)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-30 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-VLD2016-67,IEICE-DC2016-61 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.330(VLD), no.331(DC) 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2016-11-21,IEICE-DC-2016-11-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会