お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-30 10:55
リアルタイムHEVCエンコーダLSIの電力削減手法の提案
大西隆之大森優也岩崎裕江清水 淳NTTCPM2016-83 ICD2016-44 IE2016-78 エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2016-83 ICD2016-44
抄録 (和) 4K/8K UHDTVに代表される映像の超高精細化と映像圧縮アルゴリズムの複雑化に伴い,リアルタイム映像符号化処理に要する演算量および消費電力は増大の一途をたどっている.本稿ではUHDTVを対象としたHEVC符号化の動き探索処理に着目し,SAD演算のビット幅を削減しつつも, 符号化画像および参照画像の局所的な平坦度にあわせてビット削減位置を適応的に切り替えることにより, 符号化品質の劣化を抑えることができる手法を提案する.本手法によるHEVC符号化LSIの回路規模および消費電力の削減効果を電力シミュレーションにより求めるとともに,符号化画質シミュレーションにより本方式の符号化品質上の有効性を評価した. 
(英) With the rapid progress of ultra-high definition videos represented by the 4K / 8K UHDTV and of complex video compression algorithms represented by the latest video coding standard HEVC, power consumption required for real-time video coding process is steadily increasing. In this paper, we focus on the motion estimation process of HEVC encoding for UHDTV, and propose a method which reduces SAD calculation bit width but also reduces picture quality degradation by adaptively switches bit reduction positions depending on the local flatness of encoding pictures and reference pictures. The effect of reduction of circuit size and power consumption of a HEVC encoder LSI with the proposed method is evaluated with power simulation, and the image quality is also evaluated with software simulation.
キーワード (和) UHDTV / HEVC / 映像符号化 / 電力削減 / / / /  
(英) UHDTV / HEVC / Video coding / Power reduction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 334, ICD2016-44, pp. 33-38, 2016年11月.
資料番号 ICD2016-44 
発行日 2016-11-22 (CPM, ICD, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPM2016-83 ICD2016-44 IE2016-78 エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2016-83 ICD2016-44

研究会情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF CPM ICD IE  
開催期間 2016-11-28 - 2016-11-30 
開催地(和) 立命館大学大阪いばらきキャンパス 
開催地(英) Ritsumeikan University, Osaka Ibaraki Campus 
テーマ(和) デザインガイア2016 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2016 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2016-11-VLD-DC-CPSY-RECONF-CPM-ICD-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルタイムHEVCエンコーダLSIの電力削減手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Power-saving Method for Real-time HEVC Encoder LSIs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UHDTV / UHDTV  
キーワード(2)(和/英) HEVC / HEVC  
キーワード(3)(和/英) 映像符号化 / Video coding  
キーワード(4)(和/英) 電力削減 / Power reduction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 隆之 / Takayuki Onishi / オオニシ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 優也 / Yuya Omori / オオモリ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 裕江 / Hiroe Iwasaki / イワサキ ヒロエ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 淳 / Atsushi Shimizu / シミズ アツシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-30 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-CPM2016-83,IEICE-ICD2016-44,IEICE-IE2016-78 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.333(CPM), no.334(ICD), no.335(IE) 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPM-2016-11-22,IEICE-ICD-2016-11-22,IEICE-IE-2016-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会