お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-29 09:25
超低消費電力再構成可能アクセラレータCC-SOTB2の実装と評価
増山滉一朗安藤尚輝松下悠亮奥原 颯天野英晴慶大VLD2016-54 DC2016-48
抄録 (和) Cool mega array(CMA)は,近年のウェアラブル機器やIoTに搭載するためのチップとしてsilicon on thin BOX (SOTB)プロセスを用いて開発された,低消費電力な粗粒度再構成可能アクセラレータである.
今回は三次元積層チップ向けに開発したCMAの新しいバージョンである,CMA-Cube-SOTB2 (CC-SOTB2)の実装と評価について報告する.
CMAアーキテクチャは基本的に大規模な演算素子(Processing Element, PE)アレイ,データ転送を管理するためのマイクロコントローラ,およびデータメモリから構成される.
今回のCC-SOTB2では各PE間を接続するダイレクトリンクの方向を最適化することにより消費電力の削減を行った.
またPEアレイ内に可変パイプライン実装し,PEアレイ内での安全なパイプライン処理を行うことが可能となった.
これによりパフォーマンスの最適化と,グリッチ伝播による余分な消費電力の削減を実現した.
以上の改良の結果,シミュレーション評価において旧バージョンであるCC-SOTBと比較して電力効率が18%向上した. 
(英) Cool mega array (CMA) is a low power coarse-grained reconfigurable accelerator developed using silicon on thin BOX (SOTB).
It's a chip for mounting in wearable devices and IoT which has been developed recently.
This time, we report on implementation and evaluation of CMA-Cube-SOTB 2 (CC-SOTB2) which is a new version of CMA developed for 3D stacked chip.
CMA architecture consists of a large scale processing element (PE) array, a microcontroller for managing data transfer, and a data memory.
In CC-SOTB2, power consumption was reduced by optimizing the direct link connecting each PE.
We also implemented a variable pipeline in the PE array.
This realized performance optimization and reduction of extra power consumption by glitch propagation.
As a result, the power efficiency improved by 18% compared with the previous version CC-SOTB.
キーワード (和) リコンフィギャラブル / アクセラレータ / CGRA / 低電力 / SOTB / ボディバイアス制御 / /  
(英) reconfigurable / accelerator / CGRA / low power / SOTB / body bias control / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 330, VLD2016-54, pp. 61-66, 2016年11月.
資料番号 VLD2016-54 
発行日 2016-11-21 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2016-54 DC2016-48

研究会情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF CPM ICD IE  
開催期間 2016-11-28 - 2016-11-30 
開催地(和) 立命館大学大阪いばらきキャンパス 
開催地(英) Ritsumeikan University, Osaka Ibaraki Campus 
テーマ(和) デザインガイア2016 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2016 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2016-11-VLD-DC-CPSY-RECONF-CPM-ICD-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超低消費電力再構成可能アクセラレータCC-SOTB2の実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ultra Low Power Reconfigurable Accelerator CC-SOTB2 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リコンフィギャラブル / reconfigurable  
キーワード(2)(和/英) アクセラレータ / accelerator  
キーワード(3)(和/英) CGRA / CGRA  
キーワード(4)(和/英) 低電力 / low power  
キーワード(5)(和/英) SOTB / SOTB  
キーワード(6)(和/英) ボディバイアス制御 / body bias control  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増山 滉一朗 / Koichiro Masuyama / マスヤマ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 尚輝 / Naoki Ando / アンドウ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 悠亮 / Yusuke Matsushita / マツシタ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥原 颯 / Hayate Okuhara / オクハラ ハヤテ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano / アマノ ヒデハル
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-29 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2016-54,IEICE-DC2016-48 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.330(VLD), no.331(DC) 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2016-11-21,IEICE-DC-2016-11-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会