お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-25 14:00
静止画像を対象としたNR型ノイズ予測器の検討
稲積泰宏井藤七穂堀田裕弘富山大CQ2016-88
抄録 (和) 映像ストリーミングサービスにおいて,符号化劣化や伝送路エラーが発生すると,ユーザ体感品質が低下してしまう.ユーザ体感品質を保証したネットワーク環境を構築するためには,ユーザ側でどのようなノイズが発生しているかを特定する必要がある.そこで本研究では,その基礎検討として,静止画像を対象としたノイズ予測手法を提案する.提案法では,原画像を用いずに,劣化画像のみからノイズの予測を試みる. 
(英) Recently, much objective quality image quality assessment (IQA) methods proposed.Almost IQA methods use an original and distorted image called full-reference IQA (FR-IQA). Because a user side cannot use an
original image, the FR-IQA cannot use actual streaming services. On the other hand, no-reference image quality assessment (NR-IQA) methods not have to use original image. In streaming services, quality of experience (QoE) is decreased by many types of noises such as compression noise, transmission error. This paper proposes a noise prediction method for NR-IQA. The experimental result showed that the prediction accuracy for 24 kinds of noise is 51%.
キーワード (和) No-Reference Image Quality Assessment / ノイズ予測 / TID2013 / / / / /  
(英) No-Reference Image Quality Assessment / noise predictor / TID2013 / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 323, CQ2016-88, pp. 83-87, 2016年11月.
資料番号 CQ2016-88 
発行日 2016-11-17 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2016-88

研究会情報
研究会 NS CQ ICM NV  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 下関商工会議所 
開催地(英) Shimonoseki Chember of Commerce and Industry 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2016-11-NS-CQ-ICM-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 静止画像を対象としたNR型ノイズ予測器の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) No-reference noise prediction for still images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) No-Reference Image Quality Assessment / No-Reference Image Quality Assessment  
キーワード(2)(和/英) ノイズ予測 / noise predictor  
キーワード(3)(和/英) TID2013 / TID2013  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲積 泰宏 / Yasuhiro Inazumi / イナヅミ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井藤 七穂 / Naho Ito / イトウ ナホ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 裕弘 / Yuukou Horita / ホリタ ユウコウ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-25 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2016-88 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.323 
ページ範囲 pp.83-87 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CQ-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会