お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-25 10:25
5G超大容量Massive MIMO伝送における44GHz帯屋内伝搬データに基づくOFDM伝送評価
中川兼治内田 繁井浦裕貴森重秀樹岡崎彰浩三菱電機)・須山 聡佐藤 圭小原辰徳奥村幸彦NTTドコモ)・岡村 敦三菱電機RCS2016-202
抄録 (和) 高周波数帯を活用した第5世代移動通信システム(5G)が検討されており,周波数利用効率を向上させる技術としてMassive MIMO 技術が検討されている.著者らはこれまでに,APAA(Active Phased Array Antenna)とデジタルMIMO 処理を組み合わせたアナログビームフォーミングMIMO(APAA-MIMO) を提案しており,44GHz
帯APAA 屋外伝搬試験結果を基に構成したクラスタモデルを用い,提案するAPAA-MIMO が16 空間多重,周波数利用効率40bps/Hz を達成できることを報告した.本稿では,屋内環境で44GHz 帯APAA から100MHz 帯域幅の信号を送信することで実チャネルデータを測定し,その結果を基に算出したライスファクタ,遅延プロファイルを報告する.また測定より得られた実チャネルデータを用いたリンクレベルシミュレーションにより,提案するAPAA-MIMOが16 空間多重,周波数利用効率40bps/Hz を達成できることを明らかにする. 
(英) Recently, mobile communication technologies for the fifth generation (5G) in heigher frequency bands have been extensively studied. The authors have proposed APAA-MIMO (Active Phased Array Antenna-MIMO) configuration combined APAA and digital MIMO processing, and the proposed APAA-MIMO configuration can archive 16 multiplexing and 40bps/Hz spectral efficiency using cluster model based on the outdoor fundamental experiment trial at 44GHz band. This paper reports, results of indoor radio propagation channel measurement using 100MHz band signals, Rician K-factor, delay profile, and proposed method archived both 16 multi-beam
multiplexing and spectral efficiency 40bps/Hz indoor environment.
キーワード (和) 5G / 44GHz帯 / APAA / 屋内伝搬実験 / / / /  
(英) 5G / 44GHz band / Active Phased Array Antenna / Indoor experimental results / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 318, RCS2016-202, pp. 63-68, 2016年11月.
資料番号 RCS2016-202 
発行日 2016-11-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-202

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 京都市国際交流会館 
開催地(英) Kyoto International Community House 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G超大容量Massive MIMO伝送における44GHz帯屋内伝搬データに基づくOFDM伝送評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) OFDM Performance of 5G Ultra High Capacity Massive MIMO Transmission based on Indoor Experiment Measurement at 44GHz band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 44GHz帯 / 44GHz band  
キーワード(3)(和/英) APAA / Active Phased Array Antenna  
キーワード(4)(和/英) 屋内伝搬実験 / Indoor experimental results  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 兼治 / Kenji Nakagawa / ナカガワ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 繁 / Shigeru Uchida / ウチダ シゲル
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井浦 裕貴 / Hiroki Iura / イウラ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森重 秀樹 / Hideki Morishige / モリシゲ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 彰浩 / Akihiro Okazaki / オカザキ アキヒロ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 圭 / Kei Satoh / サトウ ケイ
第7著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 辰徳 / Tatsunori Obara / オバラ タツノリ
第8著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第9著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第10著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-25 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-202 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.318 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会