電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-25 16:05
移動体に対するMIMOマルチユーザシステムの低演算量設計法
谷口哲樹東工大)・唐沢好男中嶋信生電通大RCS2016-206
抄録 (和) ゼロフォーシングに基づくマルチユーザMIMOダウンリンク通信システムにおいて,端末の移動によるチャネル時変動に対応するために幾つかの方法が提案されているが,演算量の増大もしくはアンテナ数が少ない場合の特性劣化などの点で不十分な面があった。
本研究では,線形外挿に基づくチャネル予測値に基づいて,一定間隔でブロック対角化における一部のウエイトのみを更新することで,余分なアレー自由度を消費することなく比較的低演算量で時変チャネルに対応した設計を試みる。
計算機シミュレーションにより,提案法は適切な設計パラメータを選択することで,大規模MIMOに限らず良好な特性が得られること等,基本的な性質を明らかにする。 
(英) Multiuser multiple input multiple output (MIMO) downlink system is suffered from performance degradation under the movement of users.
Several methods have been proposed to handle this problem, but they consume extra-degrees of freedom for the extension of the zero forcing area and/or require quite high numerical capability for the frequent update of weights.
In this report, a low computational design method based on the concept of block diagonalization is presented, in which only a subset of transmit weights is updated at a certain interval accoding to linearly extrapolated channel prediction.
Through computer simulations, it is verified that the proposed approach shows good performance by choosing adequate parameters even in case of nonmassive transmit array.
キーワード (和) マルチユーザMIMO / 大規模MIMO / ブロック対角化 / 時変チャネル / / 線形外挿 / /  
(英) Multiuser MIMO / massive MIMO / block diagonalization / time-variant channel / / linear extrapolatio / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 318, RCS2016-206, pp. 85-88, 2016年11月.
資料番号 RCS2016-206 
発行日 2016-11-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-206

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 京都市国際交流会館 
開催地(英) Kyoto International Community House 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-11-RCS-AP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 移動体に対するMIMOマルチユーザシステムの低演算量設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low Computational Design Method of Multiuser MIMO System for Moving Targets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチユーザMIMO / Multiuser MIMO  
キーワード(2)(和/英) 大規模MIMO / massive MIMO  
キーワード(3)(和/英) ブロック対角化 / block diagonalization  
キーワード(4)(和/英) 時変チャネル / time-variant channel  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) 線形外挿 / linear extrapolatio  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 哲樹 / Tetsuki Taniguchi / タニグチ テツキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TITECH)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐沢 好男 / Yoshio Karasawa / カラサワ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中嶋 信生 / Nobuo Nakajima / ナカジマ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-25 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-206 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.318 
ページ範囲 pp.85-88 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会