お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-25 09:30
ネットワーク仮想化における強化学習に基づく動的リソースマイグレーション機構の提案
宮澤高也ベド カフレ原井洋明NICTNS2016-115
抄録 (和) エッジネットワーク・コアネットワーク・データセンタを跨ぐ大規模ネットワーク上に複数の仮想ネットワークサービスオペレータが仮想ネットワークを構築する環境において,突発的な緊急事例発生やトラヒック変動等のネットワーク利用環境変化が生じても各仮想ネットワークのサービス品質を満たすために,状況に応じて動的かつ迅速にリソースをマイグレーションする仕組みが求められる.本稿では,緊急用仮想ネットワークの資源を優先的に確保した上で,非緊急用仮想ネットワークのリソースを状況に応じて動的に選択・マイグレーションする方式を提案する.提案手法では,仮想リソースのマイグレーション先の選択に対して,強化学習を適用する.シミュレーションの結果,提案手法は,固定的なリソース割当手法および完全ランダムにリソースを選択する動的手法と比較して,仮想ネットワークのQoS要求をより満たすことが可能であることを示す. 
(英) In network environments where multiple virtual network operators (VNOs) create VNs over common edge, core, and datacenter networks, the physical resources should be dynamically and agilely reallocated and migrated among VNs in various situations, such as to construct a new urgent VN in case of occurrence of some urgent contingency, or to satisfy quality of service (QoS) requirements of non-urgent VNs in case of time-varying network traffic conditions as much as possible. In this paper, we propose methods to automatically and dynamically select and migrate resources of non-urgent VNs after preferentially allocating necessary resources to the urgent VN. In particular, our proposal applies reinforcement learning for selection of resources from alternate places to satisfy the QoS requirements. Simulation results show that the proposed dynamic resource migration method can make it easier to satisfy non-urgent VNs’ QoS requirements compared to static resource assignment methods. Moreover, we show that, applying reinforcement learning can increase the number of times QoS requirements are satisfied for VNs in comparison with the dynamic method with completely random resource selection.
キーワード (和) 仮想ネットワーク / リソースマイグレーション / 強化学習 / サービス品質 / / / /  
(英) Virtual Network / Resource Migration / Reinforcement Learning / Quality of Service / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 322, NS2016-115, pp. 79-84, 2016年11月.
資料番号 NS2016-115 
発行日 2016-11-17 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-115

研究会情報
研究会 NS CQ ICM NV  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 下関商工会議所 
開催地(英) Shimonoseki Chember of Commerce and Industry 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-11-NS-CQ-ICM-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク仮想化における強化学習に基づく動的リソースマイグレーション機構の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Resource Migration in Virtualized Networks by Using Reinforcement Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想ネットワーク / Virtual Network  
キーワード(2)(和/英) リソースマイグレーション / Resource Migration  
キーワード(3)(和/英) 強化学習 / Reinforcement Learning  
キーワード(4)(和/英) サービス品質 / Quality of Service  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮澤 高也 / Takaya Miyazawa / ミヤザワ タカヤ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ベド カフレ / Ved P. Kafle / ベド カフレ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原井 洋明 / Hiroaki Harai / ハライ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-25 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-115 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.322 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会