電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-25 11:45
SDNにおけるエンドツーエンドの遅延を考慮したフロー集約法
小杉山拓弥田辺和輝東工大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・山岡克式東工大
抄録 (和) Software-Defined Networking (SDN) においてフォワーディングを行うSDNスイッチは,フォワーディングルールを更新する性能が低く,アプリケーションフローを管理する上でボトルネックになっている.そこで,フローを集約することによりフロー数そのものを削減する必要があるが,フローの許容遅延を考慮したフロー集約はこれまで検討されていない.本研究では,同一の区間を通過する複数のフローを1つのフローとみなし,許容遅延を満たす範囲で経路を変更してフロー数を最小化する集約手法を提案する.このフロー数最小化問題はNP困難であることから,実行可能なヒューリスティックを考案する.4つのトポロジでシミュレーションにより評価し,単純な集約法と比較してフロー数を大幅に削減することを示した. 
(英) In Software-Defined Networking (SDN), a poor performance of the SDN switch to install forwarding rules becomes a bottleneck for dynamic and scalable application flow management. For this reason, reducing the number of flows is needed to manage application flows. However, there has been no work on minimizing the number of flows while satisfying end-to-end delay of flows. In this paper, we consider flows over the same section as one flow and propose a method to aggregate flows to change their routes and minimize the number of flows while all flows satisfy their allowable delay. Since the problem is classified as NP-hard, we propose a heuristic algorithm. Our simulation evaluation on four different topologies shows that the algorithm effectively reduces the number of flows as compared with simple aggregation method.
キーワード (和) Software-Defined Networking / QoS / フロー集約 / / / / /  
(英) Software-Defined Networking / QoS / Flow Aggregation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 324, ICM2016-33, pp. 49-54, 2016年11月.
資料番号 ICM2016-33 
発行日 2016-11-17 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS CQ ICM NV  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 下関商工会議所 
開催地(英) Shimonoseki Chember of Commerce and Industry 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2016-11-NS-CQ-ICM-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SDNにおけるエンドツーエンドの遅延を考慮したフロー集約法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Flow Aggregation Method Based on End-to-End Delay in SDN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Software-Defined Networking / Software-Defined Networking  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) フロー集約 / Flow Aggregation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉山 拓弥 / Takuya Kosugiyama / コスギヤマ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 和輝 / Kazuki Tanabe / タナベ カズキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 裕貴 / Hiroki Nakayama / ナカヤマ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 經正 / Tsunemasa Hayashi / ハヤシ ツネマサ
第4著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-25 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2016-33 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.324 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会