電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 16:20
[招待講演]オープンソース仮想スイッチの実装に見るDPDKの使用方法と性能への影響
川島龍太名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,仮想スイッチによるパケット処理性能向上のため,DPDK (Data Plane Development Kit)を利用するケースが増えている.DPDKは,Intel社が開発した高速パケット処理用のライブラリ群であり,ハードウェアアーキテクチャの特性を強く意識した実装になっている.本稿では,オープンソースの仮想スイッチであるOpen vSwitchやLagopusを対象として,CPUコアなどのハードウェア資源の割り当て方法やDPDK APIの使用方法の違いがパケット処理性能に与える影響を評価し,その要因を解説する. 
(英) Data Plane Development Kit (DPDK) has been adopted to open source virtual switches to realize high-performance packet processing. DPDK is a collection of C libraries, and applications can enjoy its high-performance nature using DPDK API. However, DPDK application developers should understand the DPDK software architecture and the underlying hardware characteristics. In this paper, we explain DPDK internals and performance effects by focusing on existing DPDK-enabled virtual switches.
キーワード (和) SDN / NFV / DPDK / Open vSwitch / Lagopus / 性能評価 / /  
(英) SDN / NFV / DPDK / Open vSwitch / Lagopus / performance evaluation / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 324, ICM2016-27, pp. 13-18, 2016年11月.
資料番号 ICM2016-27 
発行日 2016-11-17 (NS, CQ, ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS CQ ICM NV  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 下関商工会議所 
開催地(英) Shimonoseki Chember of Commerce and Industry 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2016-11-NS-CQ-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オープンソース仮想スイッチの実装に見るDPDKの使用方法と性能への影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Effects of DPDK Usage in Open Source Virtual Switches 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(2)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(3)(和/英) DPDK / DPDK  
キーワード(4)(和/英) Open vSwitch / Open vSwitch  
キーワード(5)(和/英) Lagopus / Lagopus  
キーワード(6)(和/英) 性能評価 / performance evaluation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 龍太 / Ryota Kawashima / カワシマ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 16:20:00 
発表時間 45 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-NS2016-109,IEICE-CQ2016-81,IEICE-ICM2016-27 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.322(NS), no.323(CQ), no.324(ICM) 
ページ範囲 pp.43-48(NS), pp.41-46(CQ), pp.13-18(ICM) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-11-17,IEICE-CQ-2016-11-17,IEICE-ICM-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会