電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 10:00
センサトリガを用いたハードウェアトロイの実装と評価
岩瀬貴都野崎佑典吉川雅弥名城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,自動車における高機能化が進んでおり,自動運転技術や外部との通信技術といった車載システムは急速に発展している.しかし,現在の車載システムにはセキュリティに関する対策がほとんど施されておらず,なりすましや,CAN通信の傍受といった危険性とともに対策の必要性が指摘されている.このため,車載組み込みシステムに対する脆弱性を研究することは,セキュリティの観点から非常に重要である.そこで本研究では,車載システムのセンサECUに対するトロイを提案する.提案トロイでは,外部からのセンサ入力をトリガとして,不正な動作を行う.さらに,自動車アプリケーションを模擬した実機を用いて評価実験を行い,提案トロイの危険性を明らかにする. 
(英) Recently, in-vehicle system technology has been rapidly developed. However, in-vehicle system is vulnerable because of spoofing and CAN communication intercepted. To secure in-vehicle system, study of sensor security in-vehicle system is very important. Therefore, this study proposes a new hardware Trojan for sensor ECU. When external trigger is actuated, the proposed Trojan performs malicious behavior. Experiments using an actual device show the threat of the proposed Trojan with in-vehicle system.
キーワード (和) 車載システム / センサセキュリティ / ハードウェアトロイ / CAN通信 / / / /  
(英) In-Vehicle System / Sensor-Security / Hardware Trojan / Controller Area Network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 315, CAS2016-58, pp. 1-6, 2016年11月.
資料番号 CAS2016-58 
発行日 2016-11-17 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS CAS IPSJ-AL  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 神戸情報大学院大学 
開催地(英) Kobe Institute of Computing 
テーマ(和) グラフ、ペトリネット、ニューラルネット及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2016-11-MSS-CAS-AL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサトリガを用いたハードウェアトロイの実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hardware Trojan with Sensor Trigger 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載システム / In-Vehicle System  
キーワード(2)(和/英) センサセキュリティ / Sensor-Security  
キーワード(3)(和/英) ハードウェアトロイ / Hardware Trojan  
キーワード(4)(和/英) CAN通信 / Controller Area Network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩瀬 貴都 / Takato Iwase / イワセ タカト
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野崎 佑典 / Yusuke Nozaki / ノザキ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 雅弥 / Masaya Yoshikawa / ヨシカワ マサヤ
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2016-58,IEICE-MSS2016-38 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.315(CAS), no.316(MSS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2016-11-17,IEICE-MSS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会