電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 14:20
[依頼講演]圧縮センシングを用いたFDTD法による伝搬路推定法の評価
小松知滉本間尚樹恒川佳隆岩手大AP2016-112 RCS2016-196
抄録 (和) 本報告では,圧縮センシングを用いたFDTD 法(Finite Difference Time Domain) による伝搬路推定法の評価を行う.提案法では,FDTD 法におけるYee セルの電磁界をアンテナと見立て,アレー信号処理による到来方向推定を用いて伝搬路を推定する.本検討では,到来波数の事前情報が不要で高分解能な方向推定が可能である圧縮センシングを用いる.提案法の伝搬路の推定精度は到来方向の推定精度に大きく影響を受ける.そこで,開口幅や空間サンプル数などの解析条件が提案法の推定精度に与える影響について詳細に検討した.解析結果より,サンプル空間サンプルリング間隔は1/4 波長より短く,アレー開口幅は1.2 波長程度とすることで,伝搬路が最も明瞭に検出されることが明らかになった. 
(英) In this paper, we evaluate the propagating-path identification using FDTD (Finite-Difference Time-Domain) method and compressive sensing. In this method, Yee cells are regarded as an array antenna, and a DOA (direction-of-arrival) estimation based on array signal processing technique is used for propagation path identification. This study deals with a compressive sensing technique, which realizes a high-resolution DOA estimation without prior information of the number of incoming signals. Since the accuracy of DOA estimation significantly impacts the accuracy of the path identification, the effect of the aperture-width and sampling resolution of the observing field on the estimation results was evaluated. The analysis results indicated that the sampling interval less than quarter wavelength and the aperture-width about 1.2 wavelengths clarify the propagation path
better than all other parameters dealt with in this study.
キーワード (和) FDTD / 到来方向推定 / 圧縮センシング / / / / /  
(英) FDTD / DOA estimation / compressive sensing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 317, AP2016-112, pp. 29-34, 2016年11月.
資料番号 AP2016-112 
発行日 2016-11-17 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2016-112 RCS2016-196

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 京都市国際交流会館 
開催地(英) Kyoto International Community House 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングを用いたFDTD法による伝搬路推定法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Propagating-Path Identification Combining FDTD Method and Compressive Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(2)(和/英) 到来方向推定 / DOA estimation  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / compressive sensing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 知滉 / Tomohiro Komatsu / コマツ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 恒川 佳隆 / Yoshitaka Tsunekawa / ツネカワ ヨシタカ
第3著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-112,IEICE-RCS2016-196 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.317(AP), no.318(RCS) 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-11-17,IEICE-RCS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会