お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 10:10
Effect of AQM based RLC Buffer Management on the eNB Scheduling Algorithm in LTE Network
Anup Kumar PaulHidehiko KawakamiAtsuo TachibanaTeruyuki HasegawaKDDI R&D LABCQ2016-74
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) In this work, we have studied the effect of AQM based congestion control and intra LTE handover on the performance of different MAC schedulers by ns3 simulation. The performance of different schedulers are widely studied before via simulation and mathematical analysis in the absence of AQM based buffer management in the RLC layer. A proper AQM design in the RLC buffer of eNB in LTE network implies the avoidance of forced drops and link under-utilization along with the robustness to a variety of network traffic-loads. We first demonstrate that the original RED linear dropping function cannot cope well with different traffic-load scenarios. Then we establish a heuristic approach in which different non-linear functions are proposed with one parameter free to define. In our simulations, we demonstrate that the performance of different schedulers can be enhanced via proper dropping function.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) LTE / eNB RLC / SmRED-4 / AQM / Scheduling / Handover / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 323, CQ2016-74, pp. 7-12, 2016年11月.
資料番号 CQ2016-74 
発行日 2016-11-17 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2016-74

研究会情報
研究会 NS CQ ICM NV  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 下関商工会議所 
開催地(英) Shimonoseki Chember of Commerce and Industry 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2016-11-NS-CQ-ICM 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of AQM based RLC Buffer Management on the eNB Scheduling Algorithm in LTE Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / LTE  
キーワード(2)(和/英) / eNB RLC  
キーワード(3)(和/英) / SmRED-4  
キーワード(4)(和/英) / AQM  
キーワード(5)(和/英) / Scheduling  
キーワード(6)(和/英) / Handover  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Anup Kumar Paul / Anup Kumar Paul /
第1著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D LAB)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D LAB)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Hidehiko Kawakami / Hidehiko Kawakami /
第2著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D LAB)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D LAB)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Atsuo Tachibana / Atsuo Tachibana /
第3著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D LAB)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D LAB)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Teruyuki Hasegawa / Teruyuki Hasegawa /
第4著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D LAB)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D LAB)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2016-74 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.323 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会