お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 11:00
共通データ圧縮型仮想マシン移行方式のための移行順決定アルゴリズム
杉園幸司福岡亜希重谷昌昭NTTNS2016-104
抄録 (和) 仮想マシンのサーバ間移行を行う場合,仮想マシン1台あたりのサーバ間移行時間を短縮することにより,移行元のサーバのリソースを早く解放することができる.複数の仮想マシンを移行するときの移行時間短縮手法として,仮想マシンを構成するデータのうち,同じビットパターンを持つデータを1コピーのみ送信し,移行先で復元するdeduplication方式が存在する.deduplication方式を用いた場合,データの移行順に応じて,各仮想マシンの移行終了時刻は変化する.これは,多くの仮想マシンで現れるビットパターンを早い段階で送ると平均移行時間が短くなる仮想マシンが増えるが,仮想マシンごとに固有のデータを送信しないと移行が完了しないためである.この事象を考慮して,平均移行時間を短縮するための移行順序決定アルゴリズムを考案する必要がある.

本稿では,仮想マシンの平均移行終了時間を最短化するアルゴリズムを提案する.実際に計算機上で稼働する仮想マシンの構成データを調査し,得られた構成データ間で共通するビットパターンの特徴を反映させたモデルを用いて最適解を計算する.最悪の平均移行終了時間の計算結果と比較して提案方式の有効性を示し,計算時間の観点から実用性を評価する. 
(英) Virtual Machine(VM) migration is effective method for load balancing. Reduction of average time for migration mitigates physical server's load faster. Reduction of transmitted data for migration is well-known method for shortening migration time. Deduplication is one of the effective method. If there is identical data which is contained in multiple VMs, only one copy of it is transmitted to destination server when deduplication works. And the migration time also depends on the timing for migrating data constituting each VMs, especially when we exploit deduplication. Suitable data transmitted at early moment is one whose bitpattern appears in many VMs which is shrinked into one copy. But until the moment when all VM's data including unique one for each VM is transmitted, migration of the VM doesn't finish. This contradiction complicates the problem how to optimize order for migrating data to minimize the average migration time.

Virtual Machine(VM) migration is effective method for load balancing. Reduction of average time for migration mitigates physical server's load faster. Reduction of transmitted data for migration is well-known method for shortening migration time. Deduplication is one of the effective method. If there is identical data which is contained in multiple VMs, only one copy of it is transmitted to destination server when deduplication works. And the migration time also depends on the timing for migrating data constituting each VMs, especially when we exploit deduplication. Suitable data transmitted at early moment is one whose bitpattern appears in many VMs which is shrinked into one copy. But until the moment when all VM's data including unique one for each VM is transmitted, migration of the VM doesn't finish. This contradiction complicates the problem how to optimize order for migrating data to minimize the average migration time.

We propose the algorithm for calculating optimized order to minimize the average migration time per VM. We research duplicate bitpattern of VMs running on physical server to recognize how many identical bitpatterns appear and evaluate the performance of proposed algorithm by computer simulation using modeled VMs featuring the result of the research.
キーワード (和) 仮想マシン / マイグレーション / deduplication / 仮想マシン移行順序 / / / /  
(英) Virtual Machine / Migration / Deduplication / Order of VM Migration / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 322, NS2016-104, pp. 19-24, 2016年11月.
資料番号 NS2016-104 
発行日 2016-11-17 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-104

研究会情報
研究会 NS CQ ICM NV  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 下関商工会議所 
開催地(英) Shimonoseki Chember of Commerce and Industry 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-11-NS-CQ-ICM-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共通データ圧縮型仮想マシン移行方式のための移行順決定アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Migration Scheduling Algorithm for Virtual Machines Containing Identical Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想マシン / Virtual Machine  
キーワード(2)(和/英) マイグレーション / Migration  
キーワード(3)(和/英) deduplication / Deduplication  
キーワード(4)(和/英) 仮想マシン移行順序 / Order of VM Migration  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉園 幸司 / Koji Sugisono / スギソノ コウジ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福岡 亜希 / Aki Fukuoka / フクオカ アキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 重谷 昌昭 / Masaaki Omotani / オモタニ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-104 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.322 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会