電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 11:10
異なる刺繍構造をもつ広帯域ウェアラブルアンテナの放射特性
吉川貴之前田忠彦立命館大AP2016-109
抄録 (和) 近年,衣類に装着することを想定した刺繍工程で形成されるウェアラブルアンテナが報告されている. 刺繍型アンテナは銅に比べて導電率の低い導電性繊維で形成されることが多く,さらに人体近傍にて使用されることが想定されるため,人体と導電性繊維それぞれの放射効率に与える影響を評価することが重要である.導電性繊維に起因する損失は刺繍密度を増加させることで軽減できるが,刺繍密度の増加はアンテナの柔軟性や肌触りなど着用者の感性に関わる影響を与え,この傾向は線状の放射素子に比べて面状の放射素子で顕著となる.一方,刺繍により形成されたアンテナはアンテナ寸法が同一であっても,刺繍方向や刺繍密度などの刺繍構造の違いにより,異なる放射特性を示す測定結果が報告されている.しかしながら,刺繍構造を持つ放射素子のシミュレーションによる放射効率の計算結果は測定結果と差異があり,刺繍構造の差異を含めて刺繍型放射素子の放射特性を予想するには十分ではなかった.本報告では,刺繍型放射素子の放射特性を予測する基礎検討を行った. FDTD 法による電磁界解析で簡易的に模擬するため,刺繍構造の一つである刺繍方向を再現する条件を導入した.提案手法の有効性を評価するため,放射効率を含むアンテナ特性の計算結果を人体を含めた測定結果と比較したので報告する. 
(英) When textile antennas are embedded into the clothes, the sewing pattern of radiating elements affects the plasticity, flexibility and texture of the embroidered antenna as well as the radiation characteristics of the antenna. Embroidered antennas are commonly fabricated by using flexible conductive yarns whose conductivities are
smaller than that of copper wires. In assessing the radiation efficiency of embroidered conductive yarn wearable
antennas, which are commonly used in the vicinity of a human body, it is important to assess the following two
types of loss: 1) The loss caused by a human body, and 2) The loss caused by a conductive yarn. Previous studies
show that the simplest modification using lower conductivity for the radiating element during the FDTD simulation
cannot explain the measurement results. This paper proposes a modified simulation method for the embroidered wideband oval slot antennas in order to predict the radiation efficiencies of the antennas with the FDTD simulation.The measured results for the radiation efficiencies of several wideband oval slot antennas, which have different sewing patterns, agree well with the simulated results by using two different conductivities for the radiating element based on the sewing direction in the embroidered structures.
キーワード (和) 広帯域ウェアラブルアンテナ / 導電性繊維 / 放射効率 / 導電率 / 刺繍構造 / FDTD / /  
(英) Wideband wearable antenna / Conductive yarn / Radiation efficiency / Conductivity / Sewing structure / FDTD / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 317, AP2016-109, pp. 11-16, 2016年11月.
資料番号 AP2016-109 
発行日 2016-11-17 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2016-109

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 京都市国際交流会館 
開催地(英) Kyoto International Community House 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なる刺繍構造をもつ広帯域ウェアラブルアンテナの放射特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Radiation Characteristics of Embroidered Wideband Wearable Antennas Using Different Sewing Patterns 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広帯域ウェアラブルアンテナ / Wideband wearable antenna  
キーワード(2)(和/英) 導電性繊維 / Conductive yarn  
キーワード(3)(和/英) 放射効率 / Radiation efficiency  
キーワード(4)(和/英) 導電率 / Conductivity  
キーワード(5)(和/英) 刺繍構造 / Sewing structure  
キーワード(6)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 貴之 / Takayuki Yoshikawa / ヨシカワ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 忠彦 / Tadahiko Maeda / マエダ タダヒコ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-109 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.317 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会