お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 15:50
四光波混合および干渉を用いた偏波多重QPSK信号から偏波多重BPSK信号への変調フォーマット変換
岸川博紀後藤信夫徳島大OME2016-50 OPE2016-100 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2016-50 OPE2016-100
抄録 (和) 波長資源を有効活用し周波数利用効率を向上させ,柔軟かつ高効率なネットワークを実現するためには,所望の伝送容量や伝送距離に応じて光信号の変調フォーマットを最適化する適応変復調技術が求められる.本研究の目的は,多値変調間の変調フォーマット変換技術の確立することである.本稿では,高非線形ファイバ中の四光波混合および干渉を用いて,1つの偏波多重QPSK信号から2つの偏波多重BPSK信号への変換法を提案し,計算機シミュレーションにより変換動作を検証した結果について報告する. 
(英) Flexible conversion between multi-level modulation formats is one of the key processing functions to realize adaptive modulation techniques for flexible networking aimed at high spectral efficiency in optical fiber transmission. The authors have proposed an all-optical format conversion system from quadrature phase-shift keying (QPSK) to binary PSK (BPSK). It had an advantage of wavelength-shift-free conversion from an incident QPSK to simultaneous two BPSK outputs without loss of the transmitting data. However, it was limited only for a single polarization signal. In this paper, we propose a novel method for polarization division multiplexed QPSK signal based on the orthogonal dual-pump four-wave-mixing (FWM) in the highly nonlinear fiber with a nonlinear optical loop mirror configuration. We show the system performances such as bit-error-rate and optical signal-to-noise ratio penalty evaluated by numerical simulations.
キーワード (和) 光信号処理 / 変調フォーマット / 四光波混合 / 偏波多重QPSK / 偏波多重BPSK / / /  
(英) optical processing / modulation format / four-wave mixing / PDM-QPSK / PDM-BPSK / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 326, OPE2016-100, pp. 11-16, 2016年11月.
資料番号 OPE2016-100 
発行日 2016-11-17 (OME, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2016-50 OPE2016-100 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2016-50 OPE2016-100

研究会情報
研究会 OME OPE  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 東北大学片平キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 
開催地(英)  
テーマ(和) 光機能性有機材料・デバイス、非線形現象、集積光デバイス、超高速光マイクロ波デバイス,超高速分光計測・光物性,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2016-11-OME-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 四光波混合および干渉を用いた偏波多重QPSK信号から偏波多重BPSK信号への変調フォーマット変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PDM-QPSK to PDM-BPSK modulation format conversion using FWM and interference 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光信号処理 / optical processing  
キーワード(2)(和/英) 変調フォーマット / modulation format  
キーワード(3)(和/英) 四光波混合 / four-wave mixing  
キーワード(4)(和/英) 偏波多重QPSK / PDM-QPSK  
キーワード(5)(和/英) 偏波多重BPSK / PDM-BPSK  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸川 博紀 / Hiroki Kishikawa / キシカワ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 信夫 / Nobuo Goto / ゴトウ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OME2016-50,IEICE-OPE2016-100 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.325(OME), no.326(OPE) 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OME-2016-11-17,IEICE-OPE-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会