電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 10:20
ライス/仲上mフェージング通信路における物理層セキュリティの特性解析
岩田峻弥大槻知明慶大)・Pooi Yuen Kamシンガポール国立大/慶大RCS2016-191
抄録 (和) 本稿では,単一のアンテナを装備した送受信者及び盗聴者の通信路がライス/仲上$m$または仲上$m$/ライスフェージング環境である盗聴通信路を想定し,物理層セキュリティの特性指標である秘密保持容量の非ゼロ確率及びアウテージ確率の解析式を導出する.そして,モンテカルロ・シミュレーション及び数値計算を用いて,解析式が正しいことを示す.また,ライス及び仲上$m$フェージングパラメータ間の第1,2次モーメント近似の式を用いた結果とも比較し,近似値はシミュレーション値とずれる場合があることを確認する. 
(英) In this report, we investigate the secrecy performance of single-input single-output (SISO) system over fading, in which the main and eavesdropper channels are subject to Rician/Nakagami-$m$ fading or Nakagami-$m$/Rician fading, and derive the analytical expressions of the probability of strictly positive secrecy capacity and the secure outage probability. Although many authors have analyzed the secrecy performance of SISO system over various fading, the secrecy performance in the cases we assume has not been clarified. Furthermore, the simulation and numerical results show that the results using the approximation between Rician and Nakagami-$m$ fading is insufficient in evaluating those probabilities because of only approximation to main bodies of the probability density function, and that our analyses are valid.
キーワード (和) 物理層セキュリティ / 秘密保持容量 / アウテージ確率 / ライスフェージング / 仲上$m$フェージング / / /  
(英) physical layer security / secrecy capacity / outage probability / Rician fading / Nakagami-$m$ fading / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 318, RCS2016-191, pp. 1-6, 2016年11月.
資料番号 RCS2016-191 
発行日 2016-11-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-191

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 京都市国際交流会館 
開催地(英) Kyoto International Community House 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ライス/仲上mフェージング通信路における物理層セキュリティの特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Analysis of Physical Layer Security Over Rician/Nakagami-m Fading Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物理層セキュリティ / physical layer security  
キーワード(2)(和/英) 秘密保持容量 / secrecy capacity  
キーワード(3)(和/英) アウテージ確率 / outage probability  
キーワード(4)(和/英) ライスフェージング / Rician fading  
キーワード(5)(和/英) 仲上$m$フェージング / Nakagami-$m$ fading  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 峻弥 / Shunya Iwata / イワタ シュンヤ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Pooi Yuen Kam / Pooi Yuen Kam /
第3著者 所属(和/英) シンガポール国立大学/慶應義塾大学 (略称: シンガポール国立大/慶大)
National University of Singapore/Keio University (略称: National Univ. of Singapore/Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-191 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.318 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会