電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 15:35
[依頼講演]凸緩和最大事後確率推定によるマルチユーザ信号検出
笹原帆平東工大)・林 和則京大)・永原正章北九州市大AP2016-115 RCS2016-199
抄録 (和) 本稿では,信号の離散性を陽に考慮した新しいマルチユーザ信号検出法を提案する.
マルチユーザ信号検出問題は有限離散集合上での線形方程式の問題として表現されるが,
各信号を確率変数の実現値と考え,問題を最大事後確率推定として定式化する.
導出された問題は$ell^0$ノルムの和を最小化する組合せ最適化問題となり,厳密に解くことは計算量の観点から難しい.
そこで,離散信号推定問題に対して有効性が知られているSOAV (sum-of-absolute-values)最適化に基づく凸緩和問題を考え,
得られた解を推定信号として用いることを提案する.
さらに,制限等長性の概念を用いて推定信号と元信号との誤差の上界を解析的に求めることにより,提案法の理論的な性能評価を与える.
最後に,シミュレーションにより従来法と提案法の性能比較を行い,その有効性を確かめる. 
(英) In this manuscript, we propose a new multiuser signal detection considering discreteness of signals explicitly.
The multiuser signal detection problem is expressed as a linear equation on a finite discrete set.
We formulate the problem as a maximum a posteriori estimation.
Because the introduced problem composes sum of $ell^0$ norms and has a combinatorial nature, it is difficult to solve due to its computational complexity.
To tackle with this difficulty, we consider a convex relaxed problem based on SOAV (sum-of-absolute-values) optimization, which is known to be effective for discrete signal estimation problems, and employ the corresponding optimal solution as an estimated signal.
Moreover, a theoretical performance analysis is given by analytically deriving an upper bound of the magnitude of the error signal between the estimated signal and the original signal based on the restricted isometry property (RIP).
Finally, we compare the performances of the proposed method and conventional methods by simulation and verify the effectiveness of our proposed method.
キーワード (和) 最大事後確率推定 / sum-of-absolute-values最適化 / 凸緩和 / マルチユーザ信号検出 / / / /  
(英) convex relaxation / maximum a posteriori estimation / multiuser signal detection / sum-of-absolute-values optimization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 318, RCS2016-199, pp. 47-52, 2016年11月.
資料番号 RCS2016-199 
発行日 2016-11-17 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2016-115 RCS2016-199

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 京都市国際交流会館 
開催地(英) Kyoto International Community House 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 凸緩和最大事後確率推定によるマルチユーザ信号検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiuser Detection by Convex Relaxed MAP Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最大事後確率推定 / convex relaxation  
キーワード(2)(和/英) sum-of-absolute-values最適化 / maximum a posteriori estimation  
キーワード(3)(和/英) 凸緩和 / multiuser signal detection  
キーワード(4)(和/英) マルチユーザ信号検出 / sum-of-absolute-values optimization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹原 帆平 / Hampei Sasahara / ササハラ ハンペイ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 和則 / Kazunori Hayashi / ハヤシ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永原 正章 / Masaaki Nagahara / ナガハラ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyusyu (略称: Univ. Kitakyusyu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-AP2016-115,IEICE-RCS2016-199 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.317(AP), no.318(RCS) 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-11-17,IEICE-RCS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会