お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 11:25
複数SDNアプリケーションにおけるフローエントリ競合検知手法の提案
西間木 哲引地謙治宗宮利夫山田亜紀子富士通研NS2016-105
抄録 (和) SDN技術により、ネットワークをSDNアプリケーション(SDNアプリ)でプログラマブルに制御できるようになった。我々は、要求変化に伴うソフトウェア開発を最小限にするために、SDNアプリをマイクロサービス化し、複数アプリを組み合せることで要求の変化に対応できるシステムの検討を進めている。複数のSDNアプリからの制御が同時に発生した時に課題となるのが、SDNアプリ間の設定が干渉しあう、競合の発生である。本稿では、複数SDNアプリの設定の競合をフローエントリ単位で検知することで、ネットワーク運用開始前に設定の問題を解決できる手法を提案し、さらに、検証ソフトウェアの実装と性能測定を行って、提案手法の有効性を示した。 
(英) SDN technology brings a programmable control of networks by implementing various type of configurations as SDN applications (SDN apps). We have been considering a system that deploys multi SDN apps in order to minimize developing software by reusing primitive apps. However, the system deploying multi SDN apps has a problem that is a conflict of flow entries among different SDN apps because of overlapping of network configurations. This paper proposes a novel method to detect conflicts among different SDN apps by flow entry level. This method has an advantage that conflicts can be discovered without sending test packets. In addition, we have implemented software using the proposed method, and confirmed availability by measuring its performance.
キーワード (和) SDN / OpenFlow / ネットワーク検証 / 競合 / フローエントリ / / /  
(英) SDN / OpenFlow / Network Verification / Conflict / Flow Entry / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 322, NS2016-105, pp. 25-30, 2016年11月.
資料番号 NS2016-105 
発行日 2016-11-17 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-105

研究会情報
研究会 NS CQ ICM NV  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 下関商工会議所 
開催地(英) Shimonoseki Chember of Commerce and Industry 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-11-NS-CQ-ICM-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数SDNアプリケーションにおけるフローエントリ競合検知手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of Flow Entry Conflict among multiple SDN Applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(2)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク検証 / Network Verification  
キーワード(4)(和/英) 競合 / Conflict  
キーワード(5)(和/英) フローエントリ / Flow Entry  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西間木 哲 / Satoru Nishimaki / ニシマキ サトル
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 引地 謙治 / Kenji Hikichi / ヒキチ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗宮 利夫 / Toshio Soumiya / ソウミヤ トシオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 亜紀子 / Yamada Akiko / ヤマダ アキコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-105 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.322 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会