電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-24 16:25
[招待講演]“交流”を主眼とする科学コミュニケーション活動の記録・分析 ~ いわきにおける放射線に関する対話 ~
相田 慎豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 東京電力・福島第一原発事故によって,放射線被曝という「未知のリスク」に多くの国民が曝された.事故初期における東電・行政の対応や報道に対する不信感が,現在でも人々の信頼構築再興の妨げとなっている.そのリスク問題を軽減するための地域活動として,著者らも現地コミュニティでの交流活動に加わり,具体的な交流活動の企画立案に携わる,「 “ 交流 ” を主眼としたオンデマンド型の新しい科学コミュニケーション」を行っている.本稿では,それについてを紹介する. 
(英) By Fukushima Daiichi nuclear disaster, Japanese people were exposed in “an unknown risk,” which meant the risk of radiation exposure. Suspiciousness for TEPCO, Japanese government and mass media discourages
from rebuilding relationships of trust in Japan. In order to reduce the risk, the author participates in an interaction activities among various people in local community and concerns himself in planning the activities concretely. This paper presents ``a new science communication by on-demand style focused on the interaction activities.''
キーワード (和) 東日本大震災 / 放射線被曝 / リスクコミュニケーション / 科学コミュニケーション / / / /  
(英) The Great East Japan Earthquake / Radiation exposure / Risk communication / Science communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 315, CAS2016-66, pp. 69-71, 2016年11月.
資料番号 CAS2016-66 
発行日 2016-11-17 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS CAS IPSJ-AL  
開催期間 2016-11-24 - 2016-11-25 
開催地(和) 神戸情報大学院大学 
開催地(英) Kobe Institute of Computing 
テーマ(和) グラフ、ペトリネット、ニューラルネット及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2016-11-MSS-CAS-AL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) “交流”を主眼とする科学コミュニケーション活動の記録・分析 
サブタイトル(和) いわきにおける放射線に関する対話 
タイトル(英) On Recording and Analyzing for Science Communication Focused on ``Interaction among Various People'' 
サブタイトル(英) Conversations on Radiactivity in Iwaki-city 
キーワード(1)(和/英) 東日本大震災 / The Great East Japan Earthquake  
キーワード(2)(和/英) 放射線被曝 / Radiation exposure  
キーワード(3)(和/英) リスクコミュニケーション / Risk communication  
キーワード(4)(和/英) 科学コミュニケーション / Science communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 相田 慎 / Shin Aida /
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi-Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-24 16:25:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2016-66,IEICE-MSS2016-46 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.315(CAS), no.316(MSS) 
ページ範囲 pp.69-71 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-CAS-2016-11-17,IEICE-MSS-2016-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会