電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-19 11:10
味覚・視覚連合タスクにおける眼窩前頭皮質ニューロンのワーキングメモリ形成の神経機構
武井健児樫森与志喜電通大NC2016-35
抄録 (和) 日常では、味の認識は食物の色合いや匂いそして食感に左右される。味情報は、視覚・嗅覚・触覚といった他感覚からの強い影響を受ける。この影響は生理学や心理学実験でも確かめられている。また、多感覚情報は眼窩前頭皮質(OFC)で統合され、それは多感覚情報を維持するためのワーキングメモリ機能を有している。本研究では、OFCにおける味覚と視覚情報のワーキングメモリ機能の実験に注目する。そのワーキングメモリ機能の神経機構を探るため、眼窩前頭皮質と一次味覚野(GC)で構成されるネットワークモデルを作成した。このモデルを用いて、我々は味と視覚情報のワーキングメモリがOFCでどのように形成されるかその神経機構を探る。 
(英) In daily life, the recognition of taste depends on the color, smell and texture of foods. Taste information is strongly influenced by other senses. This effect has been also confirmed in the physiological and psychological experiments. Multisensory information is integrated in the orbitofrontal cortex (OFC), which has a working memory function to maintain multisensory information. In this study, we focus on experiments on working memory function of taste and visual information in OFC. In order to investigate the neural mechanism underlying the working memory function, we develop a network model that consists of the network models of gustatory cortex (GC) and OFC. Using the model, we explore the neural mechanism by which the working memory of taste and visual information is generated in OFC.
キーワード (和) 眼窩前頭皮質 / 味覚野 / ニューラルモデル / ワーキングメモリ / / / /  
(英) Orbitofrontal cortex / Gustatory cortex / Neural model / Working memory / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 313, NC2016-35, pp. 15-20, 2016年11月.
資料番号 NC2016-35 
発行日 2016-11-11 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2016-35

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-11-18 - 2016-11-19 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2016-11-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 味覚・視覚連合タスクにおける眼窩前頭皮質ニューロンのワーキングメモリ形成の神経機構 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Neural mechanisms of working memory formation of the orbitofrontal cortex neurons in the coalition task of taste and visual 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 眼窩前頭皮質 / Orbitofrontal cortex  
キーワード(2)(和/英) 味覚野 / Gustatory cortex  
キーワード(3)(和/英) ニューラルモデル / Neural model  
キーワード(4)(和/英) ワーキングメモリ / Working memory  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武井 健児 / Kenji Takei / タケイ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫森 与志喜 / Yoshiki Kashimori / カシモリ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-19 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2016-35 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.313 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2016-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会