電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 14:40
自信度統合S-P表の理解状況把握のための指標の提案
石井隆稔荒川友樹赤倉貴子東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 学習者の理解度を測るためには,一般にテストが用いられる.S-P 表分析はテストから得た正誤情報を可視化して分析する手法の一つで,統計的知識を持たない教師でも容易に利用できる利点がある.著者らはこのS-P 表に自信度情報を加味した「自信度統合S-P 表」提案した.自信度統合S-P 表は自信度情報を含めた正誤反応を従来のS-P 表と似た容易な操作で整理することにより,従来のS-P 表分析では検知できなかった異質な理解状況を検知可能である.しかし,先行研究の指標は異なるテスト間で値が比較できない問題があった.そこで本研究では,新たな指標を定義し,その解釈の方法についても実データを用いて検討する. 
(英) To sense the students' understanding, we also conduct some educational tests. For analyzing the result
of the tests, S-P table is a convenient way to visualize the student's understanding. The S-P table is easy to analyze and interpret, without the statistical knowledge. The authors proposed the Con dence Integrated S-P table and it can detect students' heterogeneous understanding that cannot be detected using normal S-P table. like S-P table, the Con dence Integrated S-P table is easy to analyze without the statistical knowledge. However, there is a problem: it is hard to interpret the heterogeneous index in Con dence Integrated S-P table. In this report, we propose a new heterogeneous index that can be interpreted easily.
キーワード (和) テスト分析 / 自信度統合S-P 表 / 注意係数 / / / / /  
(英) Test analysis / con dence integrated S-P table / caution index / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 314, ET2016-63, pp. 47-52, 2016年11月.
資料番号 ET2016-63 
発行日 2016-11-11 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2016-11-18 - 2016-11-18 
開催地(和) プラザ ヴェルデ 
開催地(英) Plaza Verde 
テーマ(和) 若手企画/一般(若手選奨が実施されます) 
テーマ(英) Sessions for Young Researchers (Young Researcher Awards Selection) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2016-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自信度統合S-P表の理解状況把握のための指標の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of an index for revealing understanding situation within confidence integrated sp table 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テスト分析 / Test analysis  
キーワード(2)(和/英) 自信度統合S-P 表 / con dence integrated S-P table  
キーワード(3)(和/英) 注意係数 / caution index  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 隆稔 / Takatoshi Ishii / イシイ タカトシ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 友樹 / Yuki Arakawa /
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤倉 貴子 / Takako Akakura /
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2016-63 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.314 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2016-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会