電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 16:10
知的照明システム動作環境での照明を用いたセンサノードの時刻同期手法の基本的検討
本田雄亮間 博人村上広記堂面拓也三木光範同志社大
抄録 (和) 本研究では,知的照明システム動作環境下におけるセンサノード間の時刻同期手法の基本的検討を行う.知的照明システムは,オフィスにおいて各執務者が要求する照度を提供するシステムであり,執務者の快適性の向上や消費電力の削減が可能であるため,実オフィスへの導入が始まっている.知的照明システムを導入したオフィスは,調光可能な照明および照度センサを構成要素として含んでおり,照明を用いたセンサノードの時刻同期手法であるTPLCの前提条件を満たす.しかしながら,知的照明システムは執務者の目標照度実現向け,常に照明の調光を行うため,照度変化の検知タイミングを時刻同期ポイントとするTPLCでは誤検知が発生する.この問題を解決するために,知的照明システムが稼働する環境で動作可能なTPLC/CCを提案し,実環境において実験を行うことで有効性を示す. 
(英) This experiment consider the time synchronization using lighting among sensor nodes under the environment operating the Intelligent Lighting System(ILS).ILS provides illuminance that each working person in office require.ILS can enhance comfort of the working people; therefore, ILS has introduced to the office.The time synchronization scheme using lighting named TPLC can operate in only office where has some lightings that can dimming and illuminance sensors.However, Coexisting of TPLC and ILS is difficult, because TPLC detect illumination chang to synchronize time and ILS dimming always to implement requested illuminance.This paper propose TPLC/CC that can operate under the environment operating Intelligent Lighting System and verify effectiveness of that.
キーワード (和) 時刻同期プロトコル / 無線センサネットワーク / 知的照明システム / 省電力 / / / /  
(英) Time Synchronization Protocol / Wireless Sensor Network / Intelligent Lighting System / Power Saving / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 308, ASN2016-68, pp. 199-204, 2016年11月.
資料番号 ASN2016-68 
発行日 2016-11-10 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2016-11-17 - 2016-11-18 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 農業×計測×情報通信ワークショップ 知的環境, 農業, 一般

農業情報学会連催, 計測自動制御学会アンビエント・センシング応用部会連催, ICT活用農業コンソーシアム共催 

テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2016-11-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 知的照明システム動作環境での照明を用いたセンサノードの時刻同期手法の基本的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The basic examination of the time synchronization using lighting among sensor nodes under the environment operating Intelligent Lighting System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時刻同期プロトコル / Time Synchronization Protocol  
キーワード(2)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(3)(和/英) 知的照明システム / Intelligent Lighting System  
キーワード(4)(和/英) 省電力 / Power Saving  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 雄亮 / Yusuke Honda / ホンダ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 間 博人 / Hiroto Aida / アイダ ヒロト
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 広記 / Hiroki Murakami / ムラカミ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堂面 拓也 / Takuya Domen / ドウメン タクヤ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 光範 / Mitsunori Miki / ミキ ミツノリ
第5著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2016-68 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.199-204 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2016-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会