電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 12:00
視線情報を活用した主体的学びのデザインに向けて-メタ認知モニタリング方略への気づきの活性化-
荻野 了林 佑樹瀬田和久阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 文章読解においてメタ認知モニタリングは必要不可欠である.本研究では,文章読解における視線情報にはメタ認知モニタリングの一端が反映されているという研究仮説を設定し,メタ認知モニタリングが求められる学習環境を設定した.学習者と指導者の論文読解における視線情報の差異や視線の遷移からメタ認知モニタリングへの気づきを促すシステムを提案し,想定環境において行った初期実験にて,学習者にメタ認知モニタリング方略への気づきを促した可能性が示された. 
(英) Metacognitive monitoring is essential for reading. We set up a research hypothesis that a part of metacognitive monitoring is reflected in eye-movements for reading. In this study, we designed a learning environment that requires metacognitive monitoring. We implemented a system to prompt learner’s awareness of metacognitive monitoring using eye-movements. We carried out a pilot experiment. The findings suggest that eye-movements encourage learner’s awareness of metacognitive monitoring strategies.
キーワード (和) メタ認知 / メタ認知知識 / メタ認知モニタリング / 視線情報 / 自作論文の読解 / / /  
(英) Metacognition / Metacognitive knowledge / Metacognitive Monitoring / Eye-Movements / Reading own paper / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 314, ET2016-60, pp. 29-34, 2016年11月.
資料番号 ET2016-60 
発行日 2016-11-11 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2016-11-18 - 2016-11-18 
開催地(和) プラザ ヴェルデ 
開催地(英) Plaza Verde 
テーマ(和) 若手企画/一般(若手選奨が実施されます) 
テーマ(英) Sessions for Young Researchers (Young Researcher Awards Selection) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2016-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線情報を活用した主体的学びのデザインに向けて-メタ認知モニタリング方略への気づきの活性化- 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Learning Method Using Eye-movements that Prompts Learners' Awareness of Metacognitive Monitoring Strategies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタ認知 / Metacognition  
キーワード(2)(和/英) メタ認知知識 / Metacognitive knowledge  
キーワード(3)(和/英) メタ認知モニタリング / Metacognitive Monitoring  
キーワード(4)(和/英) 視線情報 / Eye-Movements  
キーワード(5)(和/英) 自作論文の読解 / Reading own paper  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻野 了 / Ryo Ogino / オギノ リョウ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 佑樹 / Yuki Hayashi / ハヤシ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬田 和久 / Kazuhisa Seta / セタ カズヒサ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 12:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2016-60 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.314 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2016-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会