電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 09:25
げっ歯類レベル認知アーキテクチャを用いたインタラクションモデルの構想
大澤正彦今井倫太慶大)・山川 宏ドワンゴ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年の深層学習の成功をきっかけに,より高度で汎用的な人工知能の実現に期待が高まっている.深層学習は大量のデータから学習して認識の精度を向上させることができるが,人間を含まない系を対象にしていることが多く,人を相手とした応用にはいまだ多くの課題がある.本研究ではHAIにおける汎用的な学習を行うための系を提案する.現状の機械学習のモデルで人のインタラクション能力を機械に構築するのは不可能であるため,適切なインタラクションのレベルを設定して研究することは重要である.本研究では最小限のインタラクションが可能であり,神経科学分野での知見が多く,認知機能や学習機能の工学的実装が現実味を帯び始めているげっ歯類を基準とすることを検討した.また,げっ歯類の行動と比較して過不足が大きすぎないように工夫したインタラクション機能と,3層の認知アーキテクチャを持つロボットを作成した.評価実験では,作成したロボットの有用性について検討するほか,提案した学習を行うための系のもとで有効な社会的行動の分析,社会的行動の学習の可否を検討していく予定である. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) げっ歯類 / 認知アーキテクチャ / HAI / テレプレゼンスロボット / / / /  
(英) Rodents / Cognitive architecture / HAI (Human-agent interaction) / Telepresence robot / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 306, CNR2016-14, pp. 1-6, 2016年11月.
資料番号 CNR2016-14 
発行日 2016-11-11 (CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN MoNA CNR  
開催期間 2016-11-17 - 2016-11-18 
開催地(和) 霧島観光ホテル 
開催地(英) Kirishima-kanko Hotel 
テーマ(和) M2M・IoT通信制御、自己組織化・自律分散制御、車載ネットワーク、車車間/路車間通信・ITS、ビッグデータ解析・サイバーフィジカルシステム(CPS)、セキュリティ・プライバシ保護技術、ソーシャルネットワーク(SNS)、サイバー攻撃対策、モバイル仮想化、モバイルアプリケーション、クラウドネットワークロボットの実用化・新規サービス、及び一般 
テーマ(英) M2M, IoT, Self Organization, Autonomous Distributed Control, Car Area Network, Car-Car network, Car-Road Network, ITS, Big Data Analysis, Cyber Physical System (CPS), Security Privacy Protection, Social Network (SNS), Cyber Attack resolution, Mobile Virtualization, Mobile Application, Cloud Robotics Service, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CNR 
会議コード 2016-11-IN-MoNA-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) げっ歯類レベル認知アーキテクチャを用いたインタラクションモデルの構想 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Conception of Interaction Models Using Rodents Level Cognitive Architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) げっ歯類 / Rodents  
キーワード(2)(和/英) 認知アーキテクチャ / Cognitive architecture  
キーワード(3)(和/英) HAI / HAI (Human-agent interaction)  
キーワード(4)(和/英) テレプレゼンスロボット / Telepresence robot  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 正彦 / Masahiko Osawa / オオサワ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 倫太 / Michita Imai / イマイ ミチタ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山川 宏 / Hiroshi Yamakawa /
第3著者 所属(和/英) 株式会社ドワンゴ (略称: ドワンゴ)
DWANGO Co., Ltd (略称: DWANGO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CNR 
資料番号 IEICE-CNR2016-14 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CNR-2016-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会