お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 11:20
[奨励講演]在室者への温熱快適性把握のための室温予測手法と実証に向けた取り組み
三浦太樹濱谷尚志廣森聡仁山口弘純東野輝夫下田吉之阪大MoNA2016-28
抄録 (和) 本研究では,オフィスなど比較的大規模な屋内空間において,空調室内機の制御に応じて室内の各地点でどのように室温が変化するかを予測する手法を提案する.
提案手法では,場所ごとに異なる温熱環境の要因をパラメータとした指数関数を実測値にフィッティングすることで予測関数を構築する.
CFD シミュレーションにより予測モデルの性能評価を行った結果,提案する室温予測モデルは一般的なオフィスを想定した空間内の10スポットの温度変化を平均誤差$0.32 {}^circmathrm{C}$で予測できることを確認した.
また,実在する商業施設において温熱快適性の把握を目的とした実証実験を現在行っており,本報告ではその取り組みを紹介する. 
(英) In this paper, we present the result of our study on air temperature prediction in indoor space like office. Our example scenario to leverage this model is to help room managers to set HVAC temperature so as to minimize thermal discomfort among all the spots in the room. We have validated our model through simulation experiments with different scenarios.
キーワード (和) 温熱快適性 / 流体シミュレーション / 室温予測モデル / / / / /  
(英) Thermal Comfort / CFD-simulation / Prediction Model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 305, MoNA2016-28, pp. 31-36, 2016年11月.
資料番号 MoNA2016-28 
発行日 2016-11-10 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2016-28

研究会情報
研究会 IN MoNA CNR  
開催期間 2016-11-17 - 2016-11-18 
開催地(和) 霧島観光ホテル 
開催地(英) Kirishima-kanko Hotel 
テーマ(和) M2M・IoT通信制御、自己組織化・自律分散制御、車載ネットワーク、車車間/路車間通信・ITS、ビッグデータ解析・サイバーフィジカルシステム(CPS)、セキュリティ・プライバシ保護技術、ソーシャルネットワーク(SNS)、サイバー攻撃対策、モバイル仮想化、モバイルアプリケーション、クラウドネットワークロボットの実用化・新規サービス、及び一般 
テーマ(英) M2M, IoT, Self Organization, Autonomous Distributed Control, Car Area Network, Car-Car network, Car-Road Network, ITS, Big Data Analysis, Cyber Physical System (CPS), Security Privacy Protection, Social Network (SNS), Cyber Attack resolution, Mobile Virtualization, Mobile Application, Cloud Robotics Service, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2016-11-IN-MoNA-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 在室者への温熱快適性把握のための室温予測手法と実証に向けた取り組み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Indoor Air Temperature Prediction and Demonstration Experiment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 温熱快適性 / Thermal Comfort  
キーワード(2)(和/英) 流体シミュレーション / CFD-simulation  
キーワード(3)(和/英) 室温予測モデル / Prediction Model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 太樹 / Daiki Miura / ミウラ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱谷 尚志 / Takashi Hamatani / ハマタニ タカシ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣森 聡仁 / Akihito Hiromor / ヒロモリ アキヒト
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 弘純 / Hirozumi Yamaguch / ヤマグチ ヒロズミ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 輝夫 / Teruo Higashino / ヒガシノ テルオ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 下田 吉之 / Yoshiyuki Shimoda / シモダ ヨシユキ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2016-28 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.305 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2016-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会