お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 14:55
[招待講演]空間多重フォトニックノード基盤技術の研究開発
宮本 裕NTT)・佐藤健一名大)・福徳光師NTT)・釣谷剛宏KDDI総合研究所)・橋本俊和NTT)・ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエルNEC)・中島和秀NTT)・杉崎隆一古河電工)・長瀬 亮千葉工大PN2016-40
抄録 (和) 本稿では、空間多重フォトニックノード基盤技術の研究開発概要を紹介する。将来の10 Pbit/s超にスケール可能なノードスループットを有する大規模フォトニックノードシステムの実現に向け、光スイッチ規模、実装密度の観点から従来の限界を打破する空間多重フォトニックノード基盤技術として、?空間多重ノードアーキテクチャ・システム制御技術、?空間多重ノード光増幅・方路制御技術、?空間多重ノード配線技術を開発する. 
(英) This paper introduces the R&D project of Space-Division Multiplexing Photonic Node. The following three key technologies such as space division multiplexing (SDM) node architecture, SDM optical amplification and switching technologies and SDM interconnection technologies to offset the several limits in conventional photonic-node scalability.
キーワード (和) 空間多重 / フォトニックノード / / / / 光増幅 / /  
(英) Space-division multiplexing / Photonic Node / / / / Optical amplification / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 307, PN2016-40, pp. 87-92, 2016年11月.
資料番号 PN2016-40 
発行日 2016-11-10 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード PN2016-40

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2016-11-17 - 2016-11-18 
開催地(和) KDDI総合研究所(ふじみ野市, 埼玉) 
開催地(英) KDDI Research, Inc. 
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英) Elastic Optical Networks, Flexible Networks, Optical Network Control/Protocol, Transport SDN, IP Backbone, SDM, Mode Division Multiplexing, Photonic Network Devices, JPN Model, EXAT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2016-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間多重フォトニックノード基盤技術の研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) R&D of Space-Division Multiplexing Photonic Node 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間多重 / Space-division multiplexing  
キーワード(2)(和/英) フォトニックノード / Photonic Node  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) 光増幅 / Optical amplification  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 裕 / Yutaka Miyamoto / ミヤモト ユタカ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 健一 / Ken-ichi Sato / サトウ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福徳 光師 / Mitsunori Fukutoku / フクトク ミツノリ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani / ツリタニ タケヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 俊和 / Toshikazu Hashimoto / ハシモト トシカズ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル / Emmanuel Le Taillandier de Gabory / ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル
第6著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 和秀 / Kazuhide Nakajima / ナカジマ カズヒデ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉崎 隆一 / Ryuichi Sugizaki / スギザキ リュウイチ
第8著者 所属(和/英) 古河電気工業 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric (略称: Furukawa Electric)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 長瀬 亮 / Ryo Nagase / ナガセ リョウ
第9著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2016-40 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2016-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会