電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 14:20
二値化事象関連電位の判別可能性
堀江亮太芝浦工大MBE2016-48
抄録 (和) 初等的な確率モデルを用いて,通常の加算平均法で観測される事象関連電位と,著者らが提案している二値化事象関連電位をモデル化し,両者の定量的な関係の定式化を試みた.また,二値化事象関連電位の判別可能性について,加算平均する試行数をモデルのパラメータに入れて定式化を試みた.モデル化を通して,背景脳波やノイズの分散によっては二値化事象関連電位がもとの事象関連電位の特徴を反映しなくなる可能性があること,判別の実現や誤識別確率の最小化のために二値化の閾値を最適化できること,可算平均の試行回数は測定時間とのトレードオフで誤判別確率を決定するパラメータになることを論じた. 
(英) By using basic probabilistic models, we modeled event-related potentials (ERPs) observed by usual averaging and our proposed binarized ERPs to formulate quantitative relation between the two types of ERPs. We modeled discriminability of the binarized ERPs with considering a number of averaging as a parameter. By the model, it is revealed that the binarized ERPs does not have features of original ERPs depending on variance of background Electroencephalography (EEG) and noise, that a threshold for binarization can be optimized for realizing discrimination and to minimizing a misclassification rate, and that a number of averaging is a parameter which decides a misclassification rate in a trade-off with measurement time.
キーワード (和) 判別可能性 / 二値化 / 事象関連電位 / / / / /  
(英) Discriminability / Binarized / Event-related Potentials / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 312, MBE2016-48, pp. 5-8, 2016年11月.
資料番号 MBE2016-48 
発行日 2016-11-11 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2016-48

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-11-18 - 2016-11-19 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2016-11-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二値化事象関連電位の判別可能性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discriminability of Binarized Event-related Potentials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 判別可能性 / Discriminability  
キーワード(2)(和/英) 二値化 / Binarized  
キーワード(3)(和/英) 事象関連電位 / Event-related Potentials  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀江 亮太 / Ryota Horie / ホリエ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2016-48 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2016-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会