電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 15:45
GPS,E-メール,クリック操作を用いた半自動出欠管理システム
加藤健太郎帯谷主馬佐藤壮真鶴岡高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究ではGPS, E-メール, クリック操作を用いた半自動出欠管理システムを提案する.提案システムはクライアントとして携帯端末,ホストとして汎用のメーラ,通信手段としてメールプロトコルを用いる.このため実装が容易である.またクライアント側では,Pythonによる簡易HTTPSサーバ,Google Chromeブラウザを介してGPSセンサより位置情報を取得する.汎用のブラウザ,HTTPSサーバを用いるためOSへの依存が少なく実装が簡便であり,導入が容易である.本システムは,授業前の教師の号令に同期して受講者のクリック操作により出席の意思を表明する半自動システムである.このため従来の授業前の出欠確認と同様,受講の意識を高める効果もある.また本システムは常時端末の位置をモニタリングする方式ではないため,プライバシー保護の観点からも有利であるものと思われる. 
(英) This paper proposes the semi-automated attendance checking system using GPS, E-mailing, and click operation. This system uses mobile instruments as the clients, mailer software as the host, and E-mailing protocol for communication between the clients and the host. Because the client of the proposed system is composed of the simple HTTPS server by python and Google Chrome browser to acquire the location information from GPS, it is easy to implement on the mobile instruments with various operation systems. Further, the students send their location information to show their attendance to teacher in response to the sign of the teachers. It enhances the motivation to attend the classroom like the conventional checking of attendance. Because the proposed system does not always monitor the location of the targets continuously, it is better from the view point of keeping their privacies.
キーワード (和) 出欠管理システム / GPS / E-メール / クリック操作 / 簡易HTTPSサーバ / Google Chrome Browser / /  
(英) Attendance Checking System / GPS / E-Mail / Click Operation / Simple HTTS Server / Google Chrome Browser / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 314, ET2016-64, pp. 53-56, 2016年11月.
資料番号 ET2016-64 
発行日 2016-11-11 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2016-11-18 - 2016-11-18 
開催地(和) プラザ ヴェルデ 
開催地(英) Plaza Verde 
テーマ(和) 若手企画/一般(若手選奨が実施されます) 
テーマ(英) Sessions for Young Researchers (Young Researcher Awards Selection) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2016-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GPS,E-メール,クリック操作を用いた半自動出欠管理システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Semi-Automated Attendance Checking System Using GPS, E-mailing, and Click Operation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 出欠管理システム / Attendance Checking System  
キーワード(2)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(3)(和/英) E-メール / E-Mail  
キーワード(4)(和/英) クリック操作 / Click Operation  
キーワード(5)(和/英) 簡易HTTPSサーバ / Simple HTTS Server  
キーワード(6)(和/英) Google Chrome Browser / Google Chrome Browser  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 健太郎 / Kentaro Kato / カトウ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technolgoy, Tsuruoka College (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 帯谷 主馬 / Kazuma Obiya / オビヤ カズマ
第2著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technolgoy, Tsuruoka College (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 壮真 / Soma Sato / サトウ ソウマ
第3著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technolgoy, Tsuruoka College (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2016-64 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.314 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2016-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会