電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-18 10:30
[奨励講演]ユーザ間の通信機会の時間特性の評価手法
杉本有輝新熊亮一京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,通信端末の普及や記憶装置の低コスト化に伴い,PC(Personal Computer)や,携帯電話,スマートフォン等の通信端末を用い,インターネット接続あるいはアドホック接続により行われる通話や,メールの送受信,SNS(Social Networking Service)上のメッセージ交換・写真共有といった通信機会を観測したログデータが蓄積されるようになってきている.
それらの通信機会のログデータを,人をノード,通信機会をリンクで表現することで,ネットワークグラフでモデル化する取り組みが行なわれている.
ネットワークグラフを扱うためには昨今台頭してきているGDB(Graph Dtabase)を用いることが有用だが,登録可能なリンク数に制限がある場合や,分析を高速に行なうために対象とするリンクを間引く必要がある場合などに,どのリンクをより品質が高いと見なすべきかについては十分に検討がなされていない.
そこで,本稿では,時間的特徴を有するリンクは品質が高いという仮説に基づき,時間的特徴に基づいたリンク形成手法を提案する.
さらに,提案手法の有効性を示すために,実データを用いて評価を行う. 
(英) These days, due to the spread of communication devises and the reduction in memory costs, records observing communication such as telephone calls, e-mails, and messages on SNS (Social Network Service) through the Internet or ad hoc connection by using personal computers, mobile phones, or smart phones have come to be stored. The records are formed into network-graph by defining people as nodes and communication opportunities as links. GDB(Graph Database) has been recently useful for the use of the graph, but it still has the limitation of the number of the links. For the fast speed of analysis, the size of the graph should be smaller. However, the link quality for deciding the reduced links have not been considered. In this paper, therefore, we propose a link formation technique based on the temporal characteristics. We evaluate our method by using the real data.
キーワード (和) ネットワークグラフ形成 / リンク品質評価 / 周波数スペクトル分析 / / / / /  
(英) Network-graph Formation / Link-quality Evaluation / Frequency Domain Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 305, MoNA2016-26, pp. 19-24, 2016年11月.
資料番号 MoNA2016-26 
発行日 2016-11-10 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN MoNA CNR  
開催期間 2016-11-17 - 2016-11-18 
開催地(和) 霧島観光ホテル 
開催地(英) Kirishima-kanko Hotel 
テーマ(和) M2M・IoT通信制御、自己組織化・自律分散制御、車載ネットワーク、車車間/路車間通信・ITS、ビッグデータ解析・サイバーフィジカルシステム(CPS)、セキュリティ・プライバシ保護技術、ソーシャルネットワーク(SNS)、サイバー攻撃対策、モバイル仮想化、モバイルアプリケーション、クラウドネットワークロボットの実用化・新規サービス、及び一般 
テーマ(英) M2M, IoT, Self Organization, Autonomous Distributed Control, Car Area Network, Car-Car network, Car-Road Network, ITS, Big Data Analysis, Cyber Physical System (CPS), Security Privacy Protection, Social Network (SNS), Cyber Attack resolution, Mobile Virtualization, Mobile Application, Cloud Robotics Service, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2016-11-IN-MoNA-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザ間の通信機会の時間特性の評価手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation method for Temporal Characteristics of Communication Opportunities between Users 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークグラフ形成 / Network-graph Formation  
キーワード(2)(和/英) リンク品質評価 / Link-quality Evaluation  
キーワード(3)(和/英) 周波数スペクトル分析 / Frequency Domain Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 有輝 / Yuki Sugimoto / スギモト ユウキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新熊 亮一 / Ryoichi Shikuma /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-18 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2016-26 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.305 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2016-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会