お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-17 09:50
エネルギー到来情報に基づく分散間欠間隔制御付き受信機駆動型MACプロトコルに関する一検討
田邉 稜石橋功至電通大ASN2016-46
抄録 (和) 端末間の時間同期を必要とせず,高効率かつ高信頼な間欠通信を実現する通信プロトコルとしてIRDT (Intermittent Receiver-driven Data Transmission)が提案されている.IRDTでは,間欠間隔をネットワークの通信頻度に応じて適応的に制御することで,より高信頼な通信が可能となることが知られている.しかし,各端末がエナジーハーベスティング電源のみで動作する場合,端末が十分な電力を獲得できず,理想的な間欠間隔で動作できない可能性がある.そこで本稿では,エネルギー到来情報を用いた分散間欠間隔制御方式を提案し,従来の制御方式と比較してより高い通信の信頼性とエネルギー利用効率を達成することを計算機シミュレーションから示す. 
(英) Intermittent receiver-driven data transmission (IRDT) has been proposed as a protocol to realize a reliable and efficient intermittent transmission without time-synchronization among nodes. In IRDT, it is known that the adaptive control of the intermittent interval can remarkably enhance the reliability of the transmission. If every nodes operate only with energy harvesting (EH) power supplies, some nodes may not be able to activate their own circuits with the optimum intermittent interval due to the insufficient availability of energy, which obviously result in the performance degradation of IRDT. In this paper, we propose distributed intermittent-interval control based on energy arrival information and show that it can achieve higher communication reliability and energy efficiency than conventional approaches.
キーワード (和) 媒体アクセス制御 / 受信機駆動型MAC / エナジーハーベスティング / 間欠間隔制御 / / / /  
(英) medium access control (MAC) / receiver-initiated MAC / energy harvesting / intermittent-interval control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 308, ASN2016-46, pp. 7-12, 2016年11月.
資料番号 ASN2016-46 
発行日 2016-11-10 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2016-46

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2016-11-17 - 2016-11-18 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 農業×計測×情報通信ワークショップ 知的環境, 農業, 一般

農業情報学会連催, 計測自動制御学会アンビエント・センシング応用部会連催, ICT活用農業コンソーシアム共催 

テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2016-11-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エネルギー到来情報に基づく分散間欠間隔制御付き受信機駆動型MACプロトコルに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Receiver-Initiated MAC Protocol with Distributed Intermittent-Interval Control Based on Energy Arrival Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 媒体アクセス制御 / medium access control (MAC)  
キーワード(2)(和/英) 受信機駆動型MAC / receiver-initiated MAC  
キーワード(3)(和/英) エナジーハーベスティング / energy harvesting  
キーワード(4)(和/英) 間欠間隔制御 / intermittent-interval control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田邉 稜 / Ryo Tanabe / タナベ リョウ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 功至 / Koji Ishibashi /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-17 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2016-46 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2016-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会