お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-17 15:20
短絡端に階段状円錐台をオフセット配置したT分岐OMTの金属3Dプリンタによる試作評価結果
湯川秀憲牛嶋 優安部素実米田尚史宮崎守泰三菱電機MW2016-124 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-124
抄録 (和) 同一の周波数帯における直交する2つの偏波を分離する偏波分離回路として、近年、2本の分岐端子の広壁面を直交させ、管軸方向には同じ位置で対向するように配置したT分岐OMT(Ortho-Mode-Transducer)が報告されている。本OMTは短軸化には有効であるものの、分岐端子の非対称性を補償する必要があるため、短絡端には階段状円錐台とともにリッジが設けられている。このため、ロバスト性や耐電力の向上が課題となると考えられる。
そこで、リッジを用いずに良好な偏波分離特性を実現する新たなT分岐OMTを提案する。提案する構成は、2本の分岐端子の広壁面を直交させ、管軸方向には同じ位置で対向するように配置するとともに、短絡端に階段状円錐台をオフセット配置したものである。分岐端子の非対称性をオフセット配置により補償しており、リッジを用いたときと同等の偏波分離特性の実現が可能となる。
提案するOMTについて、試作による評価検証を行った。設計ターゲットはK帯の比帯域8%である。また、試作には、オフセットした階段状円錐台を含む構成を一体加工できる金属3Dプリンタ(アルミ合金)を使用した。3Dプリンタは、切削加工などに比べ、製造精度や面粗度については不利であるものの、製造期間の短縮やコストの削減に関しては有利である。小形でロバスト性の高い提案構成には有用と考え適用した。測定の結果、反射22dB、損失0.3dBが得られ、提案するOMTの有効性を明らかにした。 
(英) Waveguide OMT (Ortho-Mode-Transducer) is one of key components of antenna feed systems for satellite communication. It works to separate or combine vertical- or horizontal- linear polarizations. Recently, a T-junction OMT has been reported. It is formed by a short circuited common circular waveguide section exhibiting two rectangular waveguide ports at the short circuit situated at opposed side walls. Furthermore, it consists of not only a stepped post but also ridges. The use of the ridges has disadvantages, such as the lack of robust performances and the power capability.
We propose a T-junction OMT without ridges. It consists of an offset stepped post. The offset stepped post contributes to the matching of two rectangular ports. The structure without ridges is simple and makes it possible to achieve robust performances and to support a high power rating.
We fabricated a proposed T-junction OMT in a single piece of an aluminum alloy, using a commercial metal 3D-printer. The target relative bandwidth is 8% in the K-band. The measured results demonstrated a return loss of 22dB and a loss of 0.3dB.
キーワード (和) アンテナ給電回路 / 導波管 / 偏分波回路 / 3Dプリンタ / / / /  
(英) Antenna feed systems / waveguide / OMT / 3D-printer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 310, MW2016-124, pp. 43-48, 2016年11月.
資料番号 MW2016-124 
発行日 2016-11-10 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2016-124 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-124

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2016-11-17 - 2016-11-18 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 短絡端に階段状円錐台をオフセット配置したT分岐OMTの金属3Dプリンタによる試作評価結果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A 3D-Printed T-Junction OMT with an offset stepped post 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アンテナ給電回路 / Antenna feed systems  
キーワード(2)(和/英) 導波管 / waveguide  
キーワード(3)(和/英) 偏分波回路 / OMT  
キーワード(4)(和/英) 3Dプリンタ / 3D-printer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯川 秀憲 / Hidenori Yukawa / ユカワ ヒデノリ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Ele. Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牛嶋 優 / Yu Ushijima / ウシジマ ユウ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Ele. Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安部 素実 / Motomi Abe / アベ モトミ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Ele. Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 尚史 / Naofumi Yoneda / ヨネダ ナオフミ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Ele. Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 守泰 / Moriyasu Miyazaki / ミヤザキ モリヤス
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Ele. Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-17 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-124 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2016-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会