お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-17 15:40
[招待講演]トランスポートSDNが創る光ネットワーク基盤の将来像 ~ 光技術への期待と課題 ~
植松芳彦行田克俊NTTPN2016-34
抄録 (和) 通信事業者が運用する光トランスポート網は全国数千ビルに分散配置された光トランスポートシステム群から構成される.多様化およびトラヒック量の増加が進む通信サービスを効率的に収容する共通基盤として,持続的な大容量化に加え,エンドエンドの高い通信品質や可用性,IPやEthernet等のサービス転送レイヤと連携した柔軟な運用性が求められる.本論は,現在の広域光トランスポート網において顕在化しつつある運用上の課題を俯瞰し,システム構成や運用制御に関する技術動向を踏まえ,今後目指すべき将来像を5つのコンセプトキーワードにより提言する. 
(英) The optical transport network is composed optical transport systems deployed in thousands of office-buildings. As a common infrastructure to accommodate diversified communication services with drastic traffic growth, it is required not only to continuously convey growing traffic, but also to achieve high end-to-end communication quality and availability, and provide enhanced controllability in cooperation with service layer networks or systems. In this paper we give an overview of the operational problems that have emerged in the current nation-wide optical transport network, and based on trends analysis for system configuration and network control schemes, we propose a vision of future optical transport network expressed using five concept keywords.
キーワード (和) 光トランスポート網 / 共通基盤 / 監視 / 故障回復 / 拡張展開 / 機能配備 / /  
(英) optical transport / common infrastructure / supervisory / failure recovery / deployment / architecture / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 307, PN2016-34, pp. 51-58, 2016年11月.
資料番号 PN2016-34 
発行日 2016-11-10 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード PN2016-34

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2016-11-17 - 2016-11-18 
開催地(和) KDDI総合研究所(ふじみ野市, 埼玉) 
開催地(英) KDDI Research, Inc. 
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英) Elastic Optical Networks, Flexible Networks, Optical Network Control/Protocol, Transport SDN, IP Backbone, SDM, Mode Division Multiplexing, Photonic Network Devices, JPN Model, EXAT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2016-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トランスポートSDNが創る光ネットワーク基盤の将来像 
サブタイトル(和) 光技術への期待と課題 
タイトル(英) Future Nation-Wide Optical Network Infrastracture enhanced using Transport SDN Technologies 
サブタイトル(英) Expectations for Optical Technologies and Challenges 
キーワード(1)(和/英) 光トランスポート網 / optical transport  
キーワード(2)(和/英) 共通基盤 / common infrastructure  
キーワード(3)(和/英) 監視 / supervisory  
キーワード(4)(和/英) 故障回復 / failure recovery  
キーワード(5)(和/英) 拡張展開 / deployment  
キーワード(6)(和/英) 機能配備 / architecture  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 芳彦 / Yoshihiko Uematsu / ウエマツ ヨシヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 行田 克俊 / Katsutoshi Koda / コウダ カツトシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-17 15:40:00 
発表時間 45 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2016-34 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.51-58 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-PN-2016-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会