お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-11 11:10
偏波多重16QAM/64QAM信号を用いた超高密度空間多重伝送に関する一検討
相馬大樹若山雄太別府翔平KDDI総合研究所)・五十嵐浩司阪大)・釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2016-63
抄録 (和) ファイバ一芯あたりの伝送容量を拡大する方式として,マルチコアファイバ(MCF)やフューモードファイバ(FMF)を用いた空間分割多重(SDM)技術が注目されている.最近では,MCFとFMFを融合したハイブリッド型のフューモードマルチコアファイバを用いた超高密度SDM実験も行われており,100以上の空間多重数を実現した例も報告されている.しかし,これらの実験に用いられている信号の変調方式はいずれもQPSK信号であり,更なる周波数利用効率の改善に向けては,信号の多値度向上が望まれる.本稿では,5.7 GHz間隔の5-Gbaudナイキスト波長多重(WDM) 偏波多重16QAM/64QAM信号を用いた9.8 km 6モード19コアファイバ伝送の実験結果を報告する.空間軸と波長軸を合わせて,16QAMでは1,824チャネル(16WDM×114空間多重),64QAMでは864チャネル(8WDM×108空間多重)の伝送可能性を確認し,ファイバ一芯あたり665及び947 bit/s/Hzの周波数利用効率を達成した. 
(英) Space-division multiplexing (SDM) transmission technique using a multi-core fiber (MCF) and few-mode fiber (FMF) is attractive for dramatically increasing the transmission capacity in a single fiber. Recently, the SDM transmission experiments with a spatial multiplicity over 100 have been reported by the hybrid approach using few-mode multi-core fibers. However, the modulation format was limited to quadrature phase shift keying (QPSK) in such ultra-dense SDM transmission experiments. It is necessary to realize a higher-order QAM transmission for further improving the spectral efficiency. In this paper, we demonstrated an ultra-dense SDM transmission over 9.8-km 6-mode 19-core fiber using 5.7 GHz-spaced 5-Gbaud DP-16QAM/64QAM Nyquist WDM signals, which results in achieving the aggregate spectral efficiency of 665 and 947 bit/s/Hz.
キーワード (和) 空間分割多重 / マルチコアファイバ / モード分割多重 / / / / /  
(英) Space-division multiplexing / Multi-core fiber / Mode division multiplexing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 294, OCS2016-63, pp. 49-53, 2016年11月.
資料番号 OCS2016-63 
発行日 2016-11-03 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2016-63

研究会情報
研究会 OFT OCS IEE-CMN ITE-BCT  
開催期間 2016-11-10 - 2016-11-11 
開催地(和) 長崎商工会議所 
開催地(英) Nagasaki Shoko Kaigi Sho 
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-11-OFT-OCS-CMN-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏波多重16QAM/64QAM信号を用いた超高密度空間多重伝送に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on ultra-dense SDM Transmission over 9.8-km 6-mode 19-core Fiber using DP-16QAM/64QAM Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間分割多重 / Space-division multiplexing  
キーワード(2)(和/英) マルチコアファイバ / Multi-core fiber  
キーワード(3)(和/英) モード分割多重 / Mode division multiplexing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 相馬 大樹 / Daiki Soma / ソウマ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 雄太 / Yuta Wakayama / ワカヤマ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 別府 翔平 / Shohei Beppu / ベップ ショウヘイ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 浩司 / Koji Igarashi / イガラシ コウジ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani / ツリタニ タケヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-11 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-63 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.294 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2016-11-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会