お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-10 16:25
マイクロコンピューター制御自動引き込みヘテロダイン位相同期ならびにQPSKホモダイン検波の実証
久田雄大水鳥 明古賀正文大分大OCS2016-58
抄録 (和) 本論文では,ヘテロダイン位相同期系ならびにQPSKホモダイン検波系においてマイクロコンピュータ制御によるループフィルタを用いることによってスレーブならびに局発光周波数の自動引込みとその位相同期に成功したのでこれを報告する.スレーブ光周波数の初期設定範囲が+/-100MHz以内である時、ヘテロダイン型光位相同期ではマスターである安定化光基準コム光源に対し0.45msで自動的に周波数を引込み位相同期状態となることに実験的に成功した.また,20Gbit/sec-QPSK信号のコスタスループホモダイン検波では、光搬送波と局発光周波数とが+/-50MHzの離調範囲である時、最大でも15msで周波数を自動的に引込み位相同期し、ホモダイン検波による安定な受信を達成した。 
(英) This paper demonstrates signal light carrier automatic pull-in and phase-lock operation to optical frequency comb reference by our newly developed microcomputer-assisted phase-lock loop circuit. The microcomputer assists the oscillation frequency of the slave laser to pull-in to master laser by utilizing binary-search algorism. It achieves 0.45msec automatic phase-locking time when the laser-diode frequency lies within the pull-in range of ±100MHz. And the single side band phase noise is 1.8° at the offset frequency from 10Hz to 5MHz. And Homodyne detection for 20Gbit/sec-QPSK signal achieve 15ms automatic phase-locking time when laser-diode frequency lies apart from ±50MHz and achieve error free .
キーワード (和) 光PLL / ヘテロダイン位相同期 / ホモダイン検波 / QPSK / / / /  
(英) OPLL / Heterodyne detection / Homodyne detection / QPSK / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 294, OCS2016-58, pp. 9-12, 2016年11月.
資料番号 OCS2016-58 
発行日 2016-11-03 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2016-58

研究会情報
研究会 OFT OCS IEE-CMN ITE-BCT  
開催期間 2016-11-10 - 2016-11-11 
開催地(和) 長崎商工会議所 
開催地(英) Nagasaki Shoko Kaigi Sho 
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-11-OFT-OCS-CMN-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロコンピューター制御自動引き込みヘテロダイン位相同期ならびにQPSKホモダイン検波の実証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic pull-in operation in heterodyne phase-lock and homodyne detection of QPSK signals by microcomputer-assisted loop filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光PLL / OPLL  
キーワード(2)(和/英) ヘテロダイン位相同期 / Heterodyne detection  
キーワード(3)(和/英) ホモダイン検波 / Homodyne detection  
キーワード(4)(和/英) QPSK / QPSK  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久田 雄大 / Yudai Hisata / ヒサタ ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水鳥 明 / Akira Mizutori / ミズトリ アキラ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 正文 / Masafumi Koga / コガ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-10 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-58 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.294 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2016-11-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会