お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-05 09:40
[招待講演]日常生活における生体情報の非接触無拘束計測手法 ~ 疾病の早期発見をめざして ~
岡田志麻近畿大)・塩澤成弘立命館大MICT2016-56
抄録 (和) 現在,日本において65歳以上の高齢者数は約3384万人となっている.その中でも一人暮らし高齢者の数は約480万人といわれている.一人暮らし高齢者は,事故や病気を発症したとき,すぐに救助を求められずに孤独死に繋がる恐れがある.このように,自宅における事故や病気を未然に防ぐためには,家庭において日常的に生体情報に現れる微妙な変化を計測する必要がある.ここで微妙変化を定義すると,微妙変化とは病気の超初期症状や怪我や事故に繋がる直前の心身の状態変化のことである.これらの状態を検出するには,家庭において日常的/継続的に生体情報を計測する必要がある.以上のことから,日常的/継続的な計測を実現するためには非接触無拘束なセンシング手法が必要不可欠である.本稿では,日常生活における様々な非接触無拘束なセンシング手法についてアプリケーション例と併せて紹介する. 
(英) Now, the number of the elderly people 65 years or older becomes approximately 33,840,000 in Japan. The number of staying alone elderly people is approximately 4,800,000 people. This occupies 16.3% for the number of the elderly people. When the staying alone elderly caused a disease or an accident, they might lead to lonely death without being called for help immediately. In this way, it is necessary to measure the “slightly change” that bio-information shows routinely at home to prevent an accident or the disease. The slightly change is a mental and physical change of state just before it to be connected for super early case of injury, accident and illness. It is necessary to measure some bio-information continuously in home to detect these states. Based upon the foregoing, the sensing technique for noncontact and noninvasive bio-information measurement is essential. This report introduces some sensing technique allow noncontact and noninvasive bio information method.
キーワード (和) 生体情報計測 / 無拘束 / 非接触 / 見守り / / / /  
(英) Bio-information / Measurement / Noncontact / Noninvasive / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 286, MICT2016-56, pp. 47-50, 2016年11月.
資料番号 MICT2016-56 
発行日 2016-10-28 (MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MICT2016-56

研究会情報
研究会 MICT  
開催期間 2016-11-04 - 2016-11-05 
開催地(和) 大阪国際交流センター 
開催地(英) Osaka International House Foundation 
テーマ(和) レギュラトリサイエンス, ヘルスケア・医療情報通信技術, 一般 
テーマ(英) Regulatory Science, Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MICT 
会議コード 2016-11-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日常生活における生体情報の非接触無拘束計測手法 
サブタイトル(和) 疾病の早期発見をめざして 
タイトル(英) Method for Noncontact and Noninvasive Bio-information Measurement in Daily Life 
サブタイトル(英) for the early detection of any diseases 
キーワード(1)(和/英) 生体情報計測 / Bio-information  
キーワード(2)(和/英) 無拘束 / Measurement  
キーワード(3)(和/英) 非接触 / Noncontact  
キーワード(4)(和/英) 見守り / Noninvasive  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 志麻 / Shima Okada / オカダ シマ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩澤 成弘 / Shiozawa Naruhiro / シオザワ ナルヒロ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumei)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-05 09:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 MICT 
資料番号 IEICE-MICT2016-56 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MICT-2016-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会