お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-04 13:30
Multi-site distributed backup system for mail service for disaster preparedness
Masatoshi KakiuchiTakahiro TsujiiIsmail AraiKazutoshi FujikawaNAISTIA2016-50
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Distributed system across multiple sites is effective ways for information service continuity for disaster preparedness.
Data management between sites is import issue for avoidance of data loss.
For mail service, it's important to synchronize of delivered messages between sites, take a detour delivery in disaster and resynchronize after recovery.
We focus emergency delivery and access in disaster and recovery of lost messages in normal conditions.
We propose and evaluate prototype of mail system that produces recovery of deleted messages by mistake in normal conditions, delivery and access using backup site in disaster, and resynchronization between sites after recovery.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Mail Service / Multi-site Disaster Recovery / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 282, IA2016-50, pp. 109-112, 2016年11月.
資料番号 IA2016-50 
発行日 2016-10-27 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2016-50

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2016-11-03 - 2016-11-04 
開催地(和) 台北(台湾) 
開催地(英) Taipei (Taiwan) 
テーマ(和) IA2016 - Workshop on Internet Architecture and Applications 2016 
テーマ(英) IA2016 - Workshop on Internet Architecture and Applications 2016 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2016-11-IA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-site distributed backup system for mail service for disaster preparedness 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Mail Service  
キーワード(2)(和/英) / Multi-site Disaster Recovery  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 垣内 正年 / Masatoshi Kakiuchi / カキウチ マサトシ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻井 高浩 / Takahiro Tsujii / ツジイ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 イスマイル / Ismail Arai / アライ イスマイル
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 和利 / Kazutoshi Fujikawa / フジカワ カズトシ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-04 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2016-50 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.282 
ページ範囲 pp.109-112 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IA-2016-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会