お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-03 15:05
Deriving the Average Message Delivery Delay in Geographic DTN Routing
Daiki MatsuiRyo HagiharaYasuhiro YamasakiHiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.IA2016-31
抄録 (和) In this paper, we derive the average message delivery delay in a geographic DTN routing with multiple mobile agents, whose mobility patterns are given by random walk on a graph and message routing algorithm is the FIFO (First-In First-Out) algorithm. A geographic DTN routing aims at realization of message delivery among multiple (generally, geographically-dispersed) geographic locations on a field without necessity of specific communication infrastructure by utilizing mobility of mobile agents. We model the behaviors of mobile agents as multiple random walks on a graph. In this paper, two types of workload models --- one-time workload model (i.e., simultaneous generation at the initial state) and continuous workload model (i.e., Poisson message arrival) --- are considered. Our analysis reveals the effect of system parameters --- the number of mobile agents on the field , the number of message loads at a geographic location and the message generation rate --- on the average message delivery delay. 
(英) In this paper, we derive the average message delivery delay in a geographic DTN routing with multiple mobile agents, whose mobility patterns are given by random walk on a graph and message routing algorithm is the FIFO (First-In First-Out) algorithm. A geographic DTN routing aims at realization of message delivery among multiple (generally, geographically-dispersed) geographic locations on a field without necessity of specific communication infrastructure by utilizing mobility of mobile agents. We model the behaviors of mobile agents as multiple random walks on a graph. In this paper, two types of workload models --- one-time workload model (i.e., simultaneous generation at the initial state) and continuous workload model (i.e., Poisson message arrival) --- are considered. Our analysis reveals the effect of system parameters --- the number of mobile agents on the field , the number of message loads at a geographic location and the message generation rate --- on the average message delivery delay.
キーワード (和) DTN (Delay/Disruption-tolerant Networking) / DTN Routing / Multiple Random Walks on Graph / Average Message Delivery Delay / / / /  
(英) DTN (Delay/Disruption-tolerant Networking) / DTN Routing / Multiple Random Walks on Graph / Average Message Delivery Delay / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 282, IA2016-31, pp. 27-32, 2016年11月.
資料番号 IA2016-31 
発行日 2016-10-27 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2016-31

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2016-11-03 - 2016-11-04 
開催地(和) 台北(台湾) 
開催地(英) Taipei (Taiwan) 
テーマ(和) IA2016 - Workshop on Internet Architecture and Applications 2016 
テーマ(英) IA2016 - Workshop on Internet Architecture and Applications 2016 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2016-11-IA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deriving the Average Message Delivery Delay in Geographic DTN Routing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DTN (Delay/Disruption-tolerant Networking) / DTN (Delay/Disruption-tolerant Networking)  
キーワード(2)(和/英) DTN Routing / DTN Routing  
キーワード(3)(和/英) Multiple Random Walks on Graph / Multiple Random Walks on Graph  
キーワード(4)(和/英) Average Message Delivery Delay / Average Message Delivery Delay  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 大樹 / Daiki Matsui / マツイ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 涼 / Ryo Hagihara / ハギハラ リョウ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 康広 / Yasuhiro Yamasaki / ヤマサキ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 博之 / Hiroyuki Ohsaki / オオサキ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-03 15:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2016-31 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.282 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2016-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会